「相棒」成宮の降板説も…テレ朝を悩ますヒット番組“舞台裏”

公開日: 更新日:

 昨年は開局以来初、年間視聴率で2冠を獲得したテレビ朝日。だが、今年はガクンと失速し、残り2カ月となっても、3年ぶりの視聴率3冠に向けて独走中の日本テレビの後塵を拝している。

「2冠の勢いに乗じて、4月から昼の『ワイド!スクランブル』を2部制にして、『徹子の部屋』を正午の時間帯に移したりと大胆な編成を試みましたが、ことごとく失敗してしまった。10月の時点で日テレにはゴールデン、プライム、全日の平均視聴率で、いずれも1・0ポイント以上の差をつけられています」(テレ朝関係者)

■米倉涼子「ドクターX続編は致しません」

 テレ朝としては日テレに一矢報いたいところだが、実は、これまで同局の躍進を支えてきた「相棒」「ドクターX」「報道ステーション」という“3本の矢”が金属疲労を起こし始めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

もっと見る