• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「相棒」成宮の降板説も…テレ朝を悩ますヒット番組“舞台裏”

 昨年は開局以来初、年間視聴率で2冠を獲得したテレビ朝日。だが、今年はガクンと失速し、残り2カ月となっても、3年ぶりの視聴率3冠に向けて独走中の日本テレビの後塵を拝している。

「2冠の勢いに乗じて、4月から昼の『ワイド!スクランブル』を2部制にして、『徹子の部屋』を正午の時間帯に移したりと大胆な編成を試みましたが、ことごとく失敗してしまった。10月の時点で日テレにはゴールデン、プライム、全日の平均視聴率で、いずれも1・0ポイント以上の差をつけられています」(テレ朝関係者)

■米倉涼子「ドクターX続編は致しません」

 テレ朝としては日テレに一矢報いたいところだが、実は、これまで同局の躍進を支えてきた「相棒」「ドクターX」「報道ステーション」という“3本の矢”が金属疲労を起こし始めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

もっと見る