「乙女塾」花島優子は…母校で演技指導、事務パート、菊栽培

公開日:  更新日:

「愛ある限り戦いましょう、命、燃え尽きるまで! 美少女仮面ポワトリン!」――。こんな決めゼリフが懐かしい「美少女仮面ポワトリン」。子供向けコメディーだったが、ポワトリンの超ミニ姿を楽しみにしているお父サンが多かった。そのポワトリンを演じたのがまさに美少女だった花島優子さん(42歳)。今どうしているのか。

「セリフはもっと大きな声でハッキリ!」「喜怒哀楽をカラダ全体で表現して!」――。

 上野駅からJR常磐線快速で50分。ひたち野うしく駅から約2キロの牛久市立下根中学校3階の教室を訪ねると、演劇部が稽古の真っ最中だった。
 声の主は花島さん。30人ほどの部員に熱心にアドバイスしている。

「肩書としては非常勤の外部演劇指導で、今年で5年目になります。演技するのが初めての子ばかり。それだけにイントネーションやアクセントもなまりがないよう、初歩から教えなければならない。課題は多いですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る