「乙女塾」花島優子は…母校で演技指導、事務パート、菊栽培

公開日:  更新日:

「愛ある限り戦いましょう、命、燃え尽きるまで! 美少女仮面ポワトリン!」――。こんな決めゼリフが懐かしい「美少女仮面ポワトリン」。子供向けコメディーだったが、ポワトリンの超ミニ姿を楽しみにしているお父サンが多かった。そのポワトリンを演じたのがまさに美少女だった花島優子さん(42歳)。今どうしているのか。

「セリフはもっと大きな声でハッキリ!」「喜怒哀楽をカラダ全体で表現して!」――。

 上野駅からJR常磐線快速で50分。ひたち野うしく駅から約2キロの牛久市立下根中学校3階の教室を訪ねると、演劇部が稽古の真っ最中だった。
 声の主は花島さん。30人ほどの部員に熱心にアドバイスしている。

「肩書としては非常勤の外部演劇指導で、今年で5年目になります。演技するのが初めての子ばかり。それだけにイントネーションやアクセントもなまりがないよう、初歩から教えなければならない。課題は多いですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る