朝加真由美が酒に目覚めた「暴れん坊将軍」との京都遊び

公開日: 更新日:

 ベテランならではの円熟の演技で、ドラマや映画で活躍中の朝加真由美さん(59)は、自他ともに認めるお酒好き。一番の思い出はドラマ「暴れん坊将軍」での飲み会――。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 お酒は毎日といっていいくらい飲んでます。休肝日はないんじゃないかしら。
 今でこそ、何でも飲みますが、20代半ばまではビールしか飲みませんでした。そんな私が酒好きになったきっかけは、松平健さんが長く主演をされていた時代劇「暴れん坊将軍」シリーズのパート2(83年3月~87年3月、全191話)への出演です。

 この時代劇で私は「さぎり」という名前の女忍者、御庭番役でした。ロケは京都・太秦の東映京都撮影所を中心に行われて、パート2が放映されていた4年間は1週間のうち、5日前後を京都で過ごしていたんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る