日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

AKB48“卒業宣言” 高橋みなみ支えた「努力」と「責任感」

 AKB48を来年12月8日の結成10周年で卒業することを宣言した高橋みなみ(23)。グループ創立時からの生え抜きで、2年前から48グループの総監督を務めてきたベテランである。

 プロデューサーの秋元康をして「AKB48とは高橋みなみのことである」と言わしめ、政治評論家の田原総一朗もべた褒めしたスピーチ力。政治家転身を勧めたのはさすがにヨイショだろうが、運営側のムチャな要求をくんだうえで、アクシデントにもめげず、どんどん膨れ上がるメンバーを一つにまとめたリーダーシップは評価が高い。高橋のキャッチフレーズともいえる「努力は必ず報われる」を体現してきた10年間だった。

 91年、東京生まれ。中2からオーディションを受け始めたが、不合格続き。これで最後と決めたAKB48オープニングメンバーオーディションに合格。05年、AKB48劇場初公演で、たった7人の客を前に歌って踊った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事