援護虚しく…極楽・山本の復帰に「世論」と「ニーズ」の高い壁

公開日: 更新日:

「山本の一件はかなり多くの関係者に迷惑をかけている。これまで覚醒剤、強制わいせつ、詐欺など前科のあるタレントが芸能界に復帰した例も少なくないが、事件で一番迷惑をこうむった萩本欽一サイドも山本への態度を保留したまま。今回も黙殺しているし、かなりハードルが高い。これまでも山本と親交の深い吉本芸人たちが『復帰してほしい』と発信し、デモンストレーションを散々やってきても決定打にはならなかった。ということは、今回も同じでは」(テレビ関係者)

 山本を解雇した吉本関係者も「世論の反応次第。芸能界全体で待望論が高まれば復帰に手を差し伸べるかもしれません」と手助けをする可能性に含みを持たせているが、その「世論」は相当に厳しい。芸能評論家の肥留間正明氏はこう言う。

「06年に事件を起こしてから9年目。約10年経っても復帰できない人は20年経ってもできない。謹慎中の8年間でいろんな資格を取ったりボランティアをやったりしていたけど、一貫したものがひとつも世間に伝わっていない。ツイッターで『うれしい』とか『おかえり』と言っている連中も、心の中では舌を出している。本当に復帰してほしいのであれば周りも陰で協力したはず。犯罪者でも復帰できる人とそうでない人の違いは、周囲から必要とされているかどうか。山本の場合は必要ではないということ」

“復活ライブ”まであと2週間。劇場が身内と関係者だらけだったら復帰即、引退だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  7. 7

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  10. 10

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

もっと見る