矢口真里が好感度アップ? 「悪い方が生き残るのか」の声

公開日:  更新日:

 昨年10月に「情報ライブ ミヤネ屋」に出演し、芸能活動を再開して以降、“不倫醜聞”をオカズに露出を増やしているタレントの矢口真里(31)。年が明けても相変わらずだが、最近の矢口の芸能メディアでの取り上げられ方に、ネット上では戸惑いの声が多く挙がっている。

 例えば、一部メディアは“汚れキャラ”で再起を図る矢口について、「好感度がアップした」と伝えた。不倫した矢口を「視聴者の人気も高まっている」と持ち上げ、不倫された前夫・中村昌也(28)は元嫁の悪口を語らないだけで、「イメージダウン」と評している。

 そんな現象に、ネット掲示板やツイッターでは<不可解な擁護だ><いくらなんでも無理がある><芸能界は悪い方が生き残るのか>と困惑の声がゾロゾロ。そして、矢口の悪口を語らない前夫・中村については、<沈黙を守っているのに><被害にあったほうが悪人みたい>と同情する声もある。

 「モー娘。」時代の輝かしい面影も後ろ盾も失った矢口は、いまや業界にとって手軽でおいしい旬のネタだ。芸能メディアや番組スタッフからの評価が上がるのも無理はないのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る