矢口真里が好感度アップ? 「悪い方が生き残るのか」の声

公開日:  更新日:

 昨年10月に「情報ライブ ミヤネ屋」に出演し、芸能活動を再開して以降、“不倫醜聞”をオカズに露出を増やしているタレントの矢口真里(31)。年が明けても相変わらずだが、最近の矢口の芸能メディアでの取り上げられ方に、ネット上では戸惑いの声が多く挙がっている。

 例えば、一部メディアは“汚れキャラ”で再起を図る矢口について、「好感度がアップした」と伝えた。不倫した矢口を「視聴者の人気も高まっている」と持ち上げ、不倫された前夫・中村昌也(28)は元嫁の悪口を語らないだけで、「イメージダウン」と評している。

 そんな現象に、ネット掲示板やツイッターでは<不可解な擁護だ><いくらなんでも無理がある><芸能界は悪い方が生き残るのか>と困惑の声がゾロゾロ。そして、矢口の悪口を語らない前夫・中村については、<沈黙を守っているのに><被害にあったほうが悪人みたい>と同情する声もある。

 「モー娘。」時代の輝かしい面影も後ろ盾も失った矢口は、いまや業界にとって手軽でおいしい旬のネタだ。芸能メディアや番組スタッフからの評価が上がるのも無理はないのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る