日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ナイナイ矢部の浮気を暴露した妻・青木裕子のソロバン勘定

「女性問題が発覚したので(妊娠中に)家出しました」――。

 よもやの浮気暴露である。21日、元TBSでフリーアナウンサーの青木裕子(31)がフォトブック「母、妻、ときどき青木裕子」(講談社)の出版記念イベントを開催。今年3月に第1子となる長男を出産後、初の公の場となった青木は、夫の「ナインティナイン」矢部浩之(43)の「女性問題」をネタにするという“荒業”で報道陣を驚かせた。

 冒頭の発言は著書の中で矢部と大ゲンカの末に家出したことがつづられているくだり。その詳細を問われると、「あれは妊娠中。主人は息子が生まれるまで結構チャラチャラしていたので、その一環。彼に女性問題が発覚したので、私は家出しました」と淡々と新事実を告白。さらに、「息子が似ているところ」を聞かれると、「女の人が好きなところはパパに似たのかな。女の人が来ると喜んで男の人だと泣いちゃうから」とチクチクと毒を交えながら語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事