両親が蒸発…TVで落語を初披露した桂雀々の中2時代

公開日:  更新日:

 16歳で上方落語の桂枝雀に弟子入り、芸歴38周年を迎えた桂雀々さん(54)。独演会はすべて完売という人気の噺家だ。現在は拠点を東京に移し、活躍の幅を広げている。秘蔵写真は、テレビで初めて落語を披露したときの貴重な一枚だ。

「えらいもんですな。ほら、右手でサイコロを持っとるようなしぐさをしてますし、そこに目線も合わせとるでしょ。誰に教えてもろたわけやないのに、ちゃ~んと基本ができてますわ。この前、その音源が出てきて、聞かせてもろたんですけど、おもろいし、うまいがなーと。感心しましたわ」

 14歳、中学2年の雀々少年が披露した一席は、古典落語の狸賽。ばくち打ちの男が、恩返しに来たタヌキをサイコロに化けさせて出目を操り、ひと儲けをたくらむ話だ。

 出演したのは、漫談家の西条凡児が司会の「凡児のお手並み拝見」(関西テレビ)という番組。プロの落語家や漫才師が芸を披露し、賞金をもらうバラエティーだった。賞金額は、大入り袋を1つずつ持った3人の審査員によって決まる仕組み。満点の評価なら5枚の1000円札が入れられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る