両親が蒸発…TVで落語を初披露した桂雀々の中2時代

公開日: 更新日:

 16歳で上方落語の桂枝雀に弟子入り、芸歴38周年を迎えた桂雀々さん(54)。独演会はすべて完売という人気の噺家だ。現在は拠点を東京に移し、活躍の幅を広げている。秘蔵写真は、テレビで初めて落語を披露したときの貴重な一枚だ。

「えらいもんですな。ほら、右手でサイコロを持っとるようなしぐさをしてますし、そこに目線も合わせとるでしょ。誰に教えてもろたわけやないのに、ちゃ~んと基本ができてますわ。この前、その音源が出てきて、聞かせてもろたんですけど、おもろいし、うまいがなーと。感心しましたわ」

 14歳、中学2年の雀々少年が披露した一席は、古典落語の狸賽。ばくち打ちの男が、恩返しに来たタヌキをサイコロに化けさせて出目を操り、ひと儲けをたくらむ話だ。

 出演したのは、漫談家の西条凡児が司会の「凡児のお手並み拝見」(関西テレビ)という番組。プロの落語家や漫才師が芸を披露し、賞金をもらうバラエティーだった。賞金額は、大入り袋を1つずつ持った3人の審査員によって決まる仕組み。満点の評価なら5枚の1000円札が入れられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る