日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

両親が蒸発…TVで落語を初披露した桂雀々の中2時代

 16歳で上方落語の桂枝雀に弟子入り、芸歴38周年を迎えた桂雀々さん(54)。独演会はすべて完売という人気の噺家だ。現在は拠点を東京に移し、活躍の幅を広げている。秘蔵写真は、テレビで初めて落語を披露したときの貴重な一枚だ。

「えらいもんですな。ほら、右手でサイコロを持っとるようなしぐさをしてますし、そこに目線も合わせとるでしょ。誰に教えてもろたわけやないのに、ちゃ~んと基本ができてますわ。この前、その音源が出てきて、聞かせてもろたんですけど、おもろいし、うまいがなーと。感心しましたわ」

 14歳、中学2年の雀々少年が披露した一席は、古典落語の狸賽。ばくち打ちの男が、恩返しに来たタヌキをサイコロに化けさせて出目を操り、ひと儲けをたくらむ話だ。

 出演したのは、漫談家の西条凡児が司会の「凡児のお手並み拝見」(関西テレビ)という番組。プロの落語家や漫才師が芸を披露し、賞金をもらうバラエティーだった。賞金額は、大入り袋を1つずつ持った3人の審査員によって決まる仕組み。満点の評価なら5枚の1000円札が入れられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事