両親が蒸発…TVで落語を初披露した桂雀々の中2時代

公開日:  更新日:

 16歳で上方落語の桂枝雀に弟子入り、芸歴38周年を迎えた桂雀々さん(54)。独演会はすべて完売という人気の噺家だ。現在は拠点を東京に移し、活躍の幅を広げている。秘蔵写真は、テレビで初めて落語を披露したときの貴重な一枚だ。

「えらいもんですな。ほら、右手でサイコロを持っとるようなしぐさをしてますし、そこに目線も合わせとるでしょ。誰に教えてもろたわけやないのに、ちゃ~んと基本ができてますわ。この前、その音源が出てきて、聞かせてもろたんですけど、おもろいし、うまいがなーと。感心しましたわ」

 14歳、中学2年の雀々少年が披露した一席は、古典落語の狸賽。ばくち打ちの男が、恩返しに来たタヌキをサイコロに化けさせて出目を操り、ひと儲けをたくらむ話だ。

 出演したのは、漫談家の西条凡児が司会の「凡児のお手並み拝見」(関西テレビ)という番組。プロの落語家や漫才師が芸を披露し、賞金をもらうバラエティーだった。賞金額は、大入り袋を1つずつ持った3人の審査員によって決まる仕組み。満点の評価なら5枚の1000円札が入れられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る