東ちづるが懐かしむ スタジオ凍りついた“山守親分”の啖呵

公開日: 更新日:

 かつて「お嫁さんにしたい女性有名人ナンバーワン」に選ばれ、好感度の高い女優・タレントとして現在も活躍中の東ちづるさん。芸能界入りのきっかけは、オーディション会場での飛び入り参加だった――。

■お笑いトークが受けて「番組リポーター」の仕事を

 あれは1985年、バブル前夜の25歳の春。4年間勤めた大阪での会社員生活に区切りをつけ、スキーのインストラクターやウインドサーフィンの指導員として自立していこうとしていた矢先でした。偶然、タレントオーディション会場の前を通って、「面白そうだ」と、のぞき見感覚でふらりと入ったんです。失業中でヒマだったし。

 すると司会者から手招きされ、客席から飛び入り参加。なぜ私が目に留まったかって、ハデハデ、ケバケバの身なりで目立ってたからです。

 壇上で司会者と丁々発止のやりとりをして大爆笑。たとえば当時は体を鍛えていたので力こぶがスゴかった。でも電車の吊り革を持ってるとき、カーブでグイッと腕に力が入ると筋肉が盛り上がって恥ずかしい。それをさりげなく手で隠す乙女のしぐさとか、腹筋がシックスブロックに割れているけど何の役に立つのかとか。こんな筋肉トークが大受けで、なんと! その場でテレビ番組のリポーターの仕事をもらっちゃった。これが芸能界入りのきっかけです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  8. 8

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る