東ちづるが懐かしむ スタジオ凍りついた“山守親分”の啖呵

公開日:  更新日:

 かつて「お嫁さんにしたい女性有名人ナンバーワン」に選ばれ、好感度の高い女優・タレントとして現在も活躍中の東ちづるさん。芸能界入りのきっかけは、オーディション会場での飛び入り参加だった――。

■お笑いトークが受けて「番組リポーター」の仕事を

 あれは1985年、バブル前夜の25歳の春。4年間勤めた大阪での会社員生活に区切りをつけ、スキーのインストラクターやウインドサーフィンの指導員として自立していこうとしていた矢先でした。偶然、タレントオーディション会場の前を通って、「面白そうだ」と、のぞき見感覚でふらりと入ったんです。失業中でヒマだったし。

 すると司会者から手招きされ、客席から飛び入り参加。なぜ私が目に留まったかって、ハデハデ、ケバケバの身なりで目立ってたからです。

 壇上で司会者と丁々発止のやりとりをして大爆笑。たとえば当時は体を鍛えていたので力こぶがスゴかった。でも電車の吊り革を持ってるとき、カーブでグイッと腕に力が入ると筋肉が盛り上がって恥ずかしい。それをさりげなく手で隠す乙女のしぐさとか、腹筋がシックスブロックに割れているけど何の役に立つのかとか。こんな筋肉トークが大受けで、なんと! その場でテレビ番組のリポーターの仕事をもらっちゃった。これが芸能界入りのきっかけです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る