日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジョニー・デップ “会見ドタキャン劇”に報道陣からは失笑

 主演映画「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」(2月6日公開)のPRのため、来日したジョニー・デップ(51)。

 27日昼に行われる予定だった記者会見が、開始予定時刻から1時間が経過したタイミングで、まさかのドタキャン!

 30分前には「現在、メーク中です」と発表されていたにもかかわらず、ハリウッドスターの代わりに、KADOKAWAの映像宣伝担当者がマイクを持ち、「本日の記者会見は本人の体調不良によりキャンセルになりました」と説明する事態に。

 取ってつけた感アリアリで、カメラ20台、記者200人以上が詰めかけた会場からは失笑が漏れていた。

「メークも完了し、控室から一度は出たようなんですが、どうにもこうにも……」(関係者)

 夕方のジャパンプレミアには1時間遅刻し、婚約者で女優のアンバー・ハード(28)と仲良く登場したジョニデ。気分屋の外タレに振り回される担当者はマスコミ以上にお気の毒さまか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事