日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

長与千種も仰天…元悪役レスラー「バッドナース中村」の変貌

 90年代のプロレスブームのさなか、大仁田厚が旗揚げした団体「FMW」で異色のヒールレスラーが注目を集めた。看護婦ギミックのベビーフェースから、無法の限りを尽くす悪役に転向して暴れ回った「バッドナース中村」(41)だ。あの悪徳看護婦、今どうしているのか。

■何度も流血戦を演じた長与千種も…

「いらっしゃいませ。ようこそ、当ホテルへお越しくださいました」

 大阪はミナミ、宗右衛門町にあるビジネスホテル「メトロ The21」に赴くと、ピシッとしたスーツ姿の女性の明るい笑顔に迎えられた。交換した名刺には「料飲部 マネジャー」の肩書と本名が。エ~!? あのバッドナースがホテルウーマンになっていたのだ。

「私の現役時代しか知らない方は、みなさん、ビックリされますよ。去年6月、何度も流血戦を演じた長与千種さんとお会いした際も、目の前にいる私が声をかけるまで気づかれませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事