• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

長与千種も仰天…元悪役レスラー「バッドナース中村」の変貌

 90年代のプロレスブームのさなか、大仁田厚が旗揚げした団体「FMW」で異色のヒールレスラーが注目を集めた。看護婦ギミックのベビーフェースから、無法の限りを尽くす悪役に転向して暴れ回った「バッドナース中村」(41)だ。あの悪徳看護婦、今どうしているのか。

■何度も流血戦を演じた長与千種も…

「いらっしゃいませ。ようこそ、当ホテルへお越しくださいました」

 大阪はミナミ、宗右衛門町にあるビジネスホテル「メトロ The21」に赴くと、ピシッとしたスーツ姿の女性の明るい笑顔に迎えられた。交換した名刺には「料飲部 マネジャー」の肩書と本名が。エ~!? あのバッドナースがホテルウーマンになっていたのだ。

「私の現役時代しか知らない方は、みなさん、ビックリされますよ。去年6月、何度も流血戦を演じた長与千種さんとお会いした際も、目の前にいる私が声をかけるまで気づかれませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る