長与千種も仰天…元悪役レスラー「バッドナース中村」の変貌

公開日: 更新日:

 90年代のプロレスブームのさなか、大仁田厚が旗揚げした団体「FMW」で異色のヒールレスラーが注目を集めた。看護婦ギミックのベビーフェースから、無法の限りを尽くす悪役に転向して暴れ回った「バッドナース中村」(41)だ。あの悪徳看護婦、今どうしているのか。

■何度も流血戦を演じた長与千種も…

「いらっしゃいませ。ようこそ、当ホテルへお越しくださいました」

 大阪はミナミ、宗右衛門町にあるビジネスホテル「メトロ The21」に赴くと、ピシッとしたスーツ姿の女性の明るい笑顔に迎えられた。交換した名刺には「料飲部 マネジャー」の肩書と本名が。エ~!? あのバッドナースがホテルウーマンになっていたのだ。

「私の現役時代しか知らない方は、みなさん、ビックリされますよ。去年6月、何度も流血戦を演じた長与千種さんとお会いした際も、目の前にいる私が声をかけるまで気づかれませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

もっと見る