長与千種も仰天…元悪役レスラー「バッドナース中村」の変貌

公開日: 更新日:

 90年代のプロレスブームのさなか、大仁田厚が旗揚げした団体「FMW」で異色のヒールレスラーが注目を集めた。看護婦ギミックのベビーフェースから、無法の限りを尽くす悪役に転向して暴れ回った「バッドナース中村」(41)だ。あの悪徳看護婦、今どうしているのか。

■何度も流血戦を演じた長与千種も…

「いらっしゃいませ。ようこそ、当ホテルへお越しくださいました」

 大阪はミナミ、宗右衛門町にあるビジネスホテル「メトロ The21」に赴くと、ピシッとしたスーツ姿の女性の明るい笑顔に迎えられた。交換した名刺には「料飲部 マネジャー」の肩書と本名が。エ~!? あのバッドナースがホテルウーマンになっていたのだ。

「私の現役時代しか知らない方は、みなさん、ビックリされますよ。去年6月、何度も流血戦を演じた長与千種さんとお会いした際も、目の前にいる私が声をかけるまで気づかれませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  8. 8

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  9. 9

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る