評判通り? 映画「悼む人」石田ゆり子の“過激ベッドシーン”

公開日: 更新日:

 映画「悼む人」での過激な濡れ場が評判になっている石田ゆり子(45)。原作者の天童荒太に手紙で“直訴”し、出演にこぎ着けた意欲作で、夫(井浦新=40)を殺した過去から逃れようとして、主人公(高良健吾=27)と旅する女性を演じている。

 この2人の年下俳優を相手に一体、どんな姿態をさらしているのか。話題のラブシーンは上映から60分が過ぎたころだった。

「何十人の男と寝てきたが、喜びを感じたのは初めてだった」と石田が述懐するセリフとともに、井浦に股間をまさぐられ、「ああっ……くうぅッ……」と快感にうめく声が。その後、セックスを懇願し、平手打ちまでされる激しい場面も。高良とはクライマックス間近に正常位で野外プレーに励むシーンまで……。

 とまあ、前評判にたがわず過激なエロに挑んではいるのだが、残念なことに肌の露出はほぼゼロ。いずれも暗がりの中や着衣のままのセックスで、石田の熟れた肉体は覆いかぶさった井浦と高良の背中にスッポリと隠れ、時折、太ももがあらわになる程度。オッパイの膨らみさえ拝めなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  8. 8

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  9. 9

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  10. 10

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る