日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

尾木ママも称賛 映画「みんなの学校」が伝える“教育のあり方”

 格差社会が加速する中で、「教育」のあり方を考えるいい機会だ。

 2013年度の文化庁芸術祭賞大賞など数多くの賞を取った関西テレビのドキュメンタリー番組「みんなの学校」が映画になって、今月21日から公開される(東京・渋谷のユーロスペース。以降、大阪、愛知など全国順次公開)。

 映画は「不登校ゼロ」を目指す大阪の公立小学校が舞台。ここでは発達障害の子もすぐに暴力を振るうような問題児もみな同じ教室で学ぶ。教師だけでなく地域のボランティアが積極的に関わって、彼らに手を差し伸べ、放置することはない。そんな小学校が“特別”な存在として映画になるのは、いまの教育現場が学力重視で、その妨げになる子を“排除”する傾向にあるからだろう。

 この映画に「理想の学校モデルがここにある」というコメントを寄せた教育評論家の尾木直樹氏は、「今や公立学校は崩壊の危機に瀕しているといわれる。とくに大都市部においては、学校選択の自由制度の導入も相まって、激しい学校間競争が生まれている。私立への児童・生徒の流出も止まらない。格差も大きく広がっている」と話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事