マルチタレントに大化け?“お笑いエリート”あばれる君の芸幅

公開日: 更新日:

「R-1グランプリ2015」で決勝に進出し、たこ焼き店でのアルバイト経験からヒントを得て作った「こだわりのグラタン」や「ウエディングケーキ」など、息苦しいほどの熱血一人コントで人気急上昇中のピン芸人・あばれる君(28)。最近はネタだけではなくバラエティーやトーク番組にも出演しまくっている。

 駒沢大学在学中の08年に「大学生お笑いアマチュア選手権大会」で特別賞を受賞し、その後、ワタナベコメディスクールに特待生として入学。同校卒業と同時に現事務所に所属した“お笑いエリート”だ。

 トーク番組でどんどん明らかになる私生活は、コントで演じる体を張ったキレキレの人物像とは裏腹に実直そのもの。大学在学中に社会科の教員免状を取得しており、13年には高校時代から10年付き合っていた1歳年上の美人と結婚している。

 よく警察から職質されるのが悩みというその風貌と芸風から“暴れん坊”と思う人もいるかもしれないが、むしろ真面目すぎ。芸名はバイト先のたこ焼き店で緊張のあまりテンパり過ぎて皿を大量に割ってしまったことから店長に「あばれる君」と命名されたものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る