リズム芸に押され…シソンヌ「優勝賞金1000万円」もらえず?

公開日:  更新日:

 昨年10月、コント日本一を決める「キングオブコント2014」で出場2810組の頂点に立った実力派。「芸人がお金を払ってでも見たい芸人」と評され、事実、彼らのライブには東野幸治、オアシズらをはじめ、荒川良々、ムロツヨシら俳優陣も訪れる。

 俳優も認める演技派のコントが持ち味と言われるのは、役者を目指して上京したボケ担当のじろうの本格的な演出と、相方の長谷川に厳しい演技指導をしているたまもの。決勝戦では「ラーメン屋」「タクシー」のネタをリアルに演じ、爆笑を誘った。女子中高生ファンも多く、「コント王」の称号を得てついにブレークか? と思いきや、テレビの露出はイマイチでブレーク感がまるでない。

「放送コードギリギリのネタが持ち味という弱点があり、テレビで真価を発揮しづらい芸という側面もある。でも何より、8・6秒バズーカーやクマムシなどのリズム系芸人ブームにかすんでしまった。芸人仲間からはツキがなかったとも言われている」(お笑い関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る