• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リズム芸に押され…シソンヌ「優勝賞金1000万円」もらえず?

 昨年10月、コント日本一を決める「キングオブコント2014」で出場2810組の頂点に立った実力派。「芸人がお金を払ってでも見たい芸人」と評され、事実、彼らのライブには東野幸治、オアシズらをはじめ、荒川良々、ムロツヨシら俳優陣も訪れる。

 俳優も認める演技派のコントが持ち味と言われるのは、役者を目指して上京したボケ担当のじろうの本格的な演出と、相方の長谷川に厳しい演技指導をしているたまもの。決勝戦では「ラーメン屋」「タクシー」のネタをリアルに演じ、爆笑を誘った。女子中高生ファンも多く、「コント王」の称号を得てついにブレークか? と思いきや、テレビの露出はイマイチでブレーク感がまるでない。

「放送コードギリギリのネタが持ち味という弱点があり、テレビで真価を発揮しづらい芸という側面もある。でも何より、8・6秒バズーカーやクマムシなどのリズム系芸人ブームにかすんでしまった。芸人仲間からはツキがなかったとも言われている」(お笑い関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る