日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リズム芸に押され…シソンヌ「優勝賞金1000万円」もらえず?

 昨年10月、コント日本一を決める「キングオブコント2014」で出場2810組の頂点に立った実力派。「芸人がお金を払ってでも見たい芸人」と評され、事実、彼らのライブには東野幸治、オアシズらをはじめ、荒川良々、ムロツヨシら俳優陣も訪れる。

 俳優も認める演技派のコントが持ち味と言われるのは、役者を目指して上京したボケ担当のじろうの本格的な演出と、相方の長谷川に厳しい演技指導をしているたまもの。決勝戦では「ラーメン屋」「タクシー」のネタをリアルに演じ、爆笑を誘った。女子中高生ファンも多く、「コント王」の称号を得てついにブレークか? と思いきや、テレビの露出はイマイチでブレーク感がまるでない。

「放送コードギリギリのネタが持ち味という弱点があり、テレビで真価を発揮しづらい芸という側面もある。でも何より、8・6秒バズーカーやクマムシなどのリズム系芸人ブームにかすんでしまった。芸人仲間からはツキがなかったとも言われている」(お笑い関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事