日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

デビュー30周年 斉藤由貴が大切にするミスマガジン応募写真

 今年、デビュー30周年を迎えた斉藤由貴さん(48)。ずっと大切にしている写真は、トップアイドル誕生のきっかけとなった一枚。高校生のとき、グランプリを獲得した「ミスマガジン」に応募したカットだ。

◇ ◇ ◇

 この写真は、近所の公園で父が撮ってくれたものです。帯職人をしていた父は写真とかも好きな趣味人で、応募は母の勧めでした。母は明るくて、表に出るのも大好きな人。昔は宝塚歌劇に憧れ、女優になりたかったみたい。でも、家が貧しく、夢を追う余裕はなかった。母の両親はともに聾唖者です。それで子供のころからいろんな苦労があったようです。

 私は母とは反対に内気な性格の子でした。芸能界など考えてもいなかった。写真はかわいこぶっていますが、男の子にモテたこともない。教室の隅っこで、綿埃と戯れているような女の子だったんです。気がつくと、本を読むか、絵を描いているか。三島由紀夫や萩原朔太郎、ヘルマン・ヘッセ、レイモン・ラディゲとかをよく読んでいました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事