デビュー30周年 斉藤由貴が大切にするミスマガジン応募写真

公開日:  更新日:

 今年、デビュー30周年を迎えた斉藤由貴さん(48)。ずっと大切にしている写真は、トップアイドル誕生のきっかけとなった一枚。高校生のとき、グランプリを獲得した「ミスマガジン」に応募したカットだ。

◇ ◇ ◇

 この写真は、近所の公園で父が撮ってくれたものです。帯職人をしていた父は写真とかも好きな趣味人で、応募は母の勧めでした。母は明るくて、表に出るのも大好きな人。昔は宝塚歌劇に憧れ、女優になりたかったみたい。でも、家が貧しく、夢を追う余裕はなかった。母の両親はともに聾唖者です。それで子供のころからいろんな苦労があったようです。

 私は母とは反対に内気な性格の子でした。芸能界など考えてもいなかった。写真はかわいこぶっていますが、男の子にモテたこともない。教室の隅っこで、綿埃と戯れているような女の子だったんです。気がつくと、本を読むか、絵を描いているか。三島由紀夫や萩原朔太郎、ヘルマン・ヘッセ、レイモン・ラディゲとかをよく読んでいました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る