お蔵入りした2ショットの宣材写真…山本文郎夫人の思い出

公開日: 更新日:

“文さん”の愛称で親しまれたフリーアナウンサーの山本文郎さんが亡くなって、もうすぐ1年。故人の遺志を継ぎ芸能界で活動中の山本由美子さんが、2月26日の一周忌を前に、あらためて文さんとのエピソードや抱腹絶倒の裏話を語った。

 千葉県鎌ケ谷市の自宅からほど近い事務所の壁には、早稲田大学当時やTBSアナウンサー時代など、文さんの歴史を物語る写真が数十点、所狭しと飾られている。
 由美子さんが手に取った一枚は、今は“お蔵入り”になってしまったツーショット写真だ。

「これは最後の宣材(宣伝材料の略)写真。去年もこの写真を使って1年間、2人でお仕事を頑張ろうと話し合ってたんですよ。それが……。2人の宣材写真は、もう絶対に撮れないし、もう使うこともない写真ですけど、私にとっては生涯忘れられない写真になりました。
 撮影したのは山本が亡くなる前の年の春(2013年)。2人の宣材写真を撮ったのは2年ぶりぐらいだったかしら。何度も使いましたけど、これが最後になるなんて。入院する3日前も2人でパーティーの司会を務めてたんですよね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る