お蔵入りした2ショットの宣材写真…山本文郎夫人の思い出

公開日:  更新日:

“文さん”の愛称で親しまれたフリーアナウンサーの山本文郎さんが亡くなって、もうすぐ1年。故人の遺志を継ぎ芸能界で活動中の山本由美子さんが、2月26日の一周忌を前に、あらためて文さんとのエピソードや抱腹絶倒の裏話を語った。

 千葉県鎌ケ谷市の自宅からほど近い事務所の壁には、早稲田大学当時やTBSアナウンサー時代など、文さんの歴史を物語る写真が数十点、所狭しと飾られている。
 由美子さんが手に取った一枚は、今は“お蔵入り”になってしまったツーショット写真だ。

「これは最後の宣材(宣伝材料の略)写真。去年もこの写真を使って1年間、2人でお仕事を頑張ろうと話し合ってたんですよ。それが……。2人の宣材写真は、もう絶対に撮れないし、もう使うこともない写真ですけど、私にとっては生涯忘れられない写真になりました。
 撮影したのは山本が亡くなる前の年の春(2013年)。2人の宣材写真を撮ったのは2年ぶりぐらいだったかしら。何度も使いましたけど、これが最後になるなんて。入院する3日前も2人でパーティーの司会を務めてたんですよね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る