お蔵入りした2ショットの宣材写真…山本文郎夫人の思い出

公開日:  更新日:

“文さん”の愛称で親しまれたフリーアナウンサーの山本文郎さんが亡くなって、もうすぐ1年。故人の遺志を継ぎ芸能界で活動中の山本由美子さんが、2月26日の一周忌を前に、あらためて文さんとのエピソードや抱腹絶倒の裏話を語った。

 千葉県鎌ケ谷市の自宅からほど近い事務所の壁には、早稲田大学当時やTBSアナウンサー時代など、文さんの歴史を物語る写真が数十点、所狭しと飾られている。
 由美子さんが手に取った一枚は、今は“お蔵入り”になってしまったツーショット写真だ。

「これは最後の宣材(宣伝材料の略)写真。去年もこの写真を使って1年間、2人でお仕事を頑張ろうと話し合ってたんですよ。それが……。2人の宣材写真は、もう絶対に撮れないし、もう使うこともない写真ですけど、私にとっては生涯忘れられない写真になりました。
 撮影したのは山本が亡くなる前の年の春(2013年)。2人の宣材写真を撮ったのは2年ぶりぐらいだったかしら。何度も使いましたけど、これが最後になるなんて。入院する3日前も2人でパーティーの司会を務めてたんですよね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る