日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

豊富な宴会人脈 カラテカ入江が語る白鵬との“メル友”秘話

 お笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也(37)は、日々の飲み会を生かした本を出すほどの酒席王。その人脈は、サッカー日本代表の長友佑都(28)、大久保嘉人(32)、なでしこジャパンの沢穂希(36)、ワタミフーズの渡辺美樹元会長(55)と多士済々。先週大記録を達成した角界の覇王とも交流がある。入江本人が、横綱とのエピソードを語った。

 これは去年の7月、白鵬関が30回目の優勝を決めた祝勝会での一枚。指で「30」をつくりました。

 友達の多さが“特技”の僕でも、さすがに力士とは接点なんてなかったんです。それがつながったのは3年前、琴奨菊関の大関昇進パーティーでした。琴奨菊関から「ET─KINGを余興に」とリクエストされた知り合いが、困り果てて電話をしてきたんです。大関が取組前に聞いていた「応援ソング」で、どうしてもとの希望だったのですが、人脈がなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事