新番組MCも…真矢ミキに気がかりな「茶のしずく」事件の呪縛

公開日:  更新日:

「真矢は当時所属していた事務所の方針で、一切、この件に関するコメントも出さず、もちろん謝罪もしていない。それだけに、真矢が消費者の生活情報も扱うワイドショーの司会を務めることで、被害者の心情を刺激しないかという危惧がある」(マスコミ関係者)

 折しも、みのもんたが10年以上前に司会を務めていた情報番組で勧めた健康法を実践したという高齢の女性が「健康を害した責任はみのにある」として、みのを提訴したことが報じられたばかり。関係者は気が気じゃないだろう。

「もうひとつの懸念はジャニーズ問題です。国分が司会なだけに、ジャニーズ事務所のタレントのスキャンダルが噴出した時の対応はどうするのか。8時台は芸能ニュースや時事問題中心の構成なので、もし黙殺するようなことがあればTBSは“また死ぬ”ことになりかねない」(制作関係者)

 いざ事件が起きた時に本音で視聴者目線に立てるのか。2人の真価が問われることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る