新番組MCも…真矢ミキに気がかりな「茶のしずく」事件の呪縛

公開日: 更新日:

 TBSが30日からスタートさせる朝の情報番組「白熱ライブ ビビット」(毎週月~金、午前8時~)。TOKIOの国分太一(40)と女優の真矢ミキ(51)がMCを務め、「芸能エンタメニュースや時事問題などあらゆることに本音でぶつかり、視聴者目線に立って“ビビット”くる刺激をお届けします。」(HPから)というのが売り文句。TBSにとってはオウム事件でワイドショーを廃止して以来、18年半ぶりの朝の情報番組復活だけに気合十分だが、MCの2人が番組の手枷足枷にならないかという懸念が早くも浮上している。

 真矢は司会決定に先駆けて大手プロに移籍し、心機一転「真矢みき」から「真矢ミキ」に改名。ワイドショーのMCはもちろん初めてだが、真矢といえば思い出されるのが「あきらめないで!」のキャッチフレーズが印象的だった「茶のしずく石鹸」のCMである。商品は真矢が広告塔のおかげでバカ売れしたが、アレルギー症状が出て重篤な健康被害を訴えるユーザーが続出。販売元に対し、現在も全国での集団訴訟が続いている。

「真矢は当時所属していた事務所の方針で、一切、この件に関するコメントも出さず、もちろん謝罪もしていない。それだけに、真矢が消費者の生活情報も扱うワイドショーの司会を務めることで、被害者の心情を刺激しないかという危惧がある」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  2. 2
    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

  3. 3
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  4. 4
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  5. 5
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  1. 6
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  2. 7
    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

  3. 8
    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

  4. 9
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 10
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか