• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

北朝鮮に狙い撃ちされたTBS女性記者の「現地リポート」

 拉致問題の日朝協議で日本政府代表団に同行取材しているTBSの記者が29日、北朝鮮当局に事情聴取され、29日の協議を取材拒否された。北朝鮮はTBSの「NEWS23」が28日夜に生中継で放送した内容を問題視しており、北朝鮮当局者は「共和国(北朝鮮)を批判する内容が含まれており、容認できない」と話しているという。

 北はなぜTBSの報道に怒ったのか。西野智彦報道局長は「詳細は把握しておらず、何が問題だったのか分からない」と語った。番組を確認すると、勲章をいくつもぶら下げた徐大河特別調査委員長が協議に参加したこと、「手術で回復した」とされる金正恩第1書記の左のくるぶしにできた腫瘍に再発の恐れがあることなどを伝えている。しかし、これらは他のテレビ局も伝えている。北がムキになる内容とは思えない。

■害が少ないTBSをターゲットか

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  9. 9

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  10. 10

    池谷幸雄氏が激白 “女帝”塚原本部長が集めた疑惑のカネ

もっと見る