北朝鮮に狙い撃ちされたTBS女性記者の「現地リポート」

公開日:  更新日:

 拉致問題の日朝協議で日本政府代表団に同行取材しているTBSの記者が29日、北朝鮮当局に事情聴取され、29日の協議を取材拒否された。北朝鮮はTBSの「NEWS23」が28日夜に生中継で放送した内容を問題視しており、北朝鮮当局者は「共和国(北朝鮮)を批判する内容が含まれており、容認できない」と話しているという。

 北はなぜTBSの報道に怒ったのか。西野智彦報道局長は「詳細は把握しておらず、何が問題だったのか分からない」と語った。番組を確認すると、勲章をいくつもぶら下げた徐大河特別調査委員長が協議に参加したこと、「手術で回復した」とされる金正恩第1書記の左のくるぶしにできた腫瘍に再発の恐れがあることなどを伝えている。しかし、これらは他のテレビ局も伝えている。北がムキになる内容とは思えない。

■害が少ないTBSをターゲットか

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る