北朝鮮に狙い撃ちされたTBS女性記者の「現地リポート」

公開日:  更新日:

 拉致問題の日朝協議で日本政府代表団に同行取材しているTBSの記者が29日、北朝鮮当局に事情聴取され、29日の協議を取材拒否された。北朝鮮はTBSの「NEWS23」が28日夜に生中継で放送した内容を問題視しており、北朝鮮当局者は「共和国(北朝鮮)を批判する内容が含まれており、容認できない」と話しているという。

 北はなぜTBSの報道に怒ったのか。西野智彦報道局長は「詳細は把握しておらず、何が問題だったのか分からない」と語った。番組を確認すると、勲章をいくつもぶら下げた徐大河特別調査委員長が協議に参加したこと、「手術で回復した」とされる金正恩第1書記の左のくるぶしにできた腫瘍に再発の恐れがあることなどを伝えている。しかし、これらは他のテレビ局も伝えている。北がムキになる内容とは思えない。

■害が少ないTBSをターゲットか

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る