「ソロモンの偽証」主演 藤野涼子が語った“撮影中の涙”のワケ

公開日:  更新日:

「ソロモンの偽証」で女優デビューを果たした藤野涼子(15)。11日に後編が公開される今作で藤野は、プロアマ問わずに募集されたオーディションで1万人の中から主演に抜擢。メガホンをとった成島出監督は、本紙のインタビューで「涼子は撮影中に何リットルも悔し涙を流していた」と明かしたが、その涙のわけとは――。

 現場では毎日のように泣いていました。監督が求めることは分かるんですけど、それを自分がどう表現するのかがイマイチ分かっていなくて。演技経験がないので、表現するという段階まで踏み出せず、悔しくて泣いてしまうこともありました。監督の言葉は絶対なので、言い返したりはしません。現場にいるときの監督は学校の先生みたいで、気さくにしゃべるという感じもなかった。演技で褒められることはありませんでした。

 1次オーディションの「歌を口ずさみながら自殺を思いとどまる子」という即興芝居が精神的に来るもので……。やった後には審査員だった助監督とプロデューサーに「おまえはまだ殻を破れていない」と言われました。過去に受けた2回のオーディションでは言われなかった言葉だったので、衝撃で。傷つくというか、本当に適切すぎて何も言えなかった。今までは落ちても「何で受からなかったのかな」という感じで終わっていたんですけど、「だったらこっちもやってやる!」という気持ちになって、演技の道を歩んでいきたいと思うようになりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る