「ソロモンの偽証」主演 藤野涼子が語った“撮影中の涙”のワケ

公開日:  更新日:

「ソロモンの偽証」で女優デビューを果たした藤野涼子(15)。11日に後編が公開される今作で藤野は、プロアマ問わずに募集されたオーディションで1万人の中から主演に抜擢。メガホンをとった成島出監督は、本紙のインタビューで「涼子は撮影中に何リットルも悔し涙を流していた」と明かしたが、その涙のわけとは――。

 現場では毎日のように泣いていました。監督が求めることは分かるんですけど、それを自分がどう表現するのかがイマイチ分かっていなくて。演技経験がないので、表現するという段階まで踏み出せず、悔しくて泣いてしまうこともありました。監督の言葉は絶対なので、言い返したりはしません。現場にいるときの監督は学校の先生みたいで、気さくにしゃべるという感じもなかった。演技で褒められることはありませんでした。

 1次オーディションの「歌を口ずさみながら自殺を思いとどまる子」という即興芝居が精神的に来るもので……。やった後には審査員だった助監督とプロデューサーに「おまえはまだ殻を破れていない」と言われました。過去に受けた2回のオーディションでは言われなかった言葉だったので、衝撃で。傷つくというか、本当に適切すぎて何も言えなかった。今までは落ちても「何で受からなかったのかな」という感じで終わっていたんですけど、「だったらこっちもやってやる!」という気持ちになって、演技の道を歩んでいきたいと思うようになりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る