「ソロモンの偽証」主演 藤野涼子が語った“撮影中の涙”のワケ

公開日: 更新日:

「ソロモンの偽証」で女優デビューを果たした藤野涼子(15)。11日に後編が公開される今作で藤野は、プロアマ問わずに募集されたオーディションで1万人の中から主演に抜擢。メガホンをとった成島出監督は、本紙のインタビューで「涼子は撮影中に何リットルも悔し涙を流していた」と明かしたが、その涙のわけとは――。

 現場では毎日のように泣いていました。監督が求めることは分かるんですけど、それを自分がどう表現するのかがイマイチ分かっていなくて。演技経験がないので、表現するという段階まで踏み出せず、悔しくて泣いてしまうこともありました。監督の言葉は絶対なので、言い返したりはしません。現場にいるときの監督は学校の先生みたいで、気さくにしゃべるという感じもなかった。演技で褒められることはありませんでした。

 1次オーディションの「歌を口ずさみながら自殺を思いとどまる子」という即興芝居が精神的に来るもので……。やった後には審査員だった助監督とプロデューサーに「おまえはまだ殻を破れていない」と言われました。過去に受けた2回のオーディションでは言われなかった言葉だったので、衝撃で。傷つくというか、本当に適切すぎて何も言えなかった。今までは落ちても「何で受からなかったのかな」という感じで終わっていたんですけど、「だったらこっちもやってやる!」という気持ちになって、演技の道を歩んでいきたいと思うようになりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  7. 7

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  8. 8

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  9. 9

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る