フジが妻夫木聡の主演映画を涙ぐましいほど猛宣伝するワケ

公開日:  更新日:

 フジテレビ開局55周年記念作品として映画「バンクーバーの朝日」が公開されたが、同局は涙ぐましいほど宣伝に必死だった。

 主演の妻夫木聡(34)、亀梨和也(28)ら主要キャストをバラエティー番組を中心にこれでもかというほどブッキング。今年ブレークした俳優の滝藤賢一(38)が案内人をつとめる、「『バンクーバーの朝日』序章~映画の時代背景を名優・滝藤賢一が独演~」が16日から21日にかけて深夜に放送。ほかにも関連番組が放送されたが、フジは妻夫木に大きな“借り”があるため、絶対に映画をヒットさせたいという。

「7月に開局55周年記念ドラマ『若者たち2014』を妻夫木主演で放送。66年放送のオリジナル版を48年ぶりに現代版にリメークしましたが、あまりにも設定が時代錯誤だったため、平均視聴率7.7%と大コケ。フジは妻夫木の所属事務所との関係までも悪化しそうになった。それだけに、“若者”のあだを“バンクーバー”でという意気込みなのです」(映画関係者)

 20日の初日舞台挨拶では感極まって涙を流していた妻夫木。若者のリベンジはなるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る