• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フジが妻夫木聡の主演映画を涙ぐましいほど猛宣伝するワケ

投稿日:  更新日:

 フジテレビ開局55周年記念作品として映画「バンクーバーの朝日」が公開されたが、同局は涙ぐましいほど宣伝に必死だった。

 主演の妻夫木聡(34)、亀梨和也(28)ら主要キャストをバラエティー番組を中心にこれでもかというほどブッキング。今年ブレークした俳優の滝藤賢一(38)が案内人をつとめる、「『バンクーバーの朝日』序章~映画の時代背景を名優・滝藤賢一が独演~」が16日から21日にかけて深夜に放送。ほかにも関連番組が放送されたが、フジは妻夫木に大きな“借り”があるため、絶対に映画をヒットさせたいという。

「7月に開局55周年記念ドラマ『若者たち2014』を妻夫木主演で放送。66年放送のオリジナル版を48年ぶりに現代版にリメークしましたが、あまりにも設定が時代錯誤だったため、平均視聴率7.7%と大コケ。フジは妻夫木の所属事務所との関係までも悪化しそうになった。それだけに、“若者”のあだを“バンクーバー”でという意気込みなのです」(映画関係者)

 20日の初日舞台挨拶では感極まって涙を流していた妻夫木。若者のリベンジはなるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  7. 7

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る