フジが妻夫木聡の主演映画を涙ぐましいほど猛宣伝するワケ

公開日: 更新日:

 フジテレビ開局55周年記念作品として映画「バンクーバーの朝日」が公開されたが、同局は涙ぐましいほど宣伝に必死だった。

 主演の妻夫木聡(34)、亀梨和也(28)ら主要キャストをバラエティー番組を中心にこれでもかというほどブッキング。今年ブレークした俳優の滝藤賢一(38)が案内人をつとめる、「『バンクーバーの朝日』序章~映画の時代背景を名優・滝藤賢一が独演~」が16日から21日にかけて深夜に放送。ほかにも関連番組が放送されたが、フジは妻夫木に大きな“借り”があるため、絶対に映画をヒットさせたいという。

「7月に開局55周年記念ドラマ『若者たち2014』を妻夫木主演で放送。66年放送のオリジナル版を48年ぶりに現代版にリメークしましたが、あまりにも設定が時代錯誤だったため、平均視聴率7.7%と大コケ。フジは妻夫木の所属事務所との関係までも悪化しそうになった。それだけに、“若者”のあだを“バンクーバー”でという意気込みなのです」(映画関係者)

 20日の初日舞台挨拶では感極まって涙を流していた妻夫木。若者のリベンジはなるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る