板野友美のインスタ写真に疑問の声 「左右反転」なぜ起きる?

公開日:  更新日:

 世界中で月間ユーザー3億人を突破した写真投稿SNS「インスタグラム」。日本でも芸能人や若者の間で大ブームとなり、自撮り文化が花盛り。そんな中、インスタグラム上でよく見かける“珍現象”がある。写真の「左右反転」だ。

 例えば、元AKB48の板野友美(23)が8日にインスタグラム投稿した写真。カラーコンタクトの広告の撮影を終えたことを報告した1枚だが、板野が持つ花束に添えられたカードの「撮影おつかれさまです」などの文字が左右反転しているのが一目瞭然だ。写真を見たユーザーからは当然、<文字逆><ん?鏡文字?><めっちゃ読みにくい>などのツッコミが。なぜ、わざわざこんな写真を掲載するのか?

「女性芸能人が自撮り写真に求めるものは、何と言っても『綺麗さ、かわいらしさ』です。でなければ写真を世界に公開する意味がない。そこでよく使われるのが、スマホのカメラアプリに搭載されている『左右反転機能』。同じ写真でも左右を反転させることで、よりかわいらしく見える場合があるため、芸能人は常に意識して使っているようです」(ネットニュース編集者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る