板野友美のインスタ写真に疑問の声 「左右反転」なぜ起きる?

公開日: 更新日:

 世界中で月間ユーザー3億人を突破した写真投稿SNS「インスタグラム」。日本でも芸能人や若者の間で大ブームとなり、自撮り文化が花盛り。そんな中、インスタグラム上でよく見かける“珍現象”がある。写真の「左右反転」だ。

 例えば、元AKB48の板野友美(23)が8日にインスタグラム投稿した写真。カラーコンタクトの広告の撮影を終えたことを報告した1枚だが、板野が持つ花束に添えられたカードの「撮影おつかれさまです」などの文字が左右反転しているのが一目瞭然だ。写真を見たユーザーからは当然、<文字逆><ん?鏡文字?><めっちゃ読みにくい>などのツッコミが。なぜ、わざわざこんな写真を掲載するのか?

「女性芸能人が自撮り写真に求めるものは、何と言っても『綺麗さ、かわいらしさ』です。でなければ写真を世界に公開する意味がない。そこでよく使われるのが、スマホのカメラアプリに搭載されている『左右反転機能』。同じ写真でも左右を反転させることで、よりかわいらしく見える場合があるため、芸能人は常に意識して使っているようです」(ネットニュース編集者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る