2度の脳梗塞克服しステージ 西城秀樹の支えは「3人の子供」

公開日:  更新日:

 今週月曜の13日に還暦を迎え、還暦記念アルバム「心響―KODOU―」をリリース。アルバム発売は8年半ぶりで、新曲「蜃気楼」など15曲が収録されている。

 同日に開催されたバースデーライブには、“新ご三家”の仲間だった野口五郎や歌手・今陽子らが駆けつけた。集まったファンには「ヒデキ、感激~!」をもじった「ヒデキ、カンレキィ~!」と書かれた「バーモントカレー」がお土産に配られるなど、大いに盛り上がった。歌手仲間の間でも、ファンの間でも、脳梗塞の後遺症と闘いながら歌手活動を続け、還暦を迎えたヒデキを応援する輪が広がっているのだ。

 ヒデキが脳梗塞を発症したのは2度。1度目は03年6月で、ディナーショーのために訪れた韓国・済州島で発症した。ディナーショー後に帰国し入院。まだ48歳だった。

 軽い言語障害の後遺症は残ったものの見事に復帰。栄養バランスを考えた食事をとり、1日3箱吸っていたたばこをやめ、酒も控えるように。ところが、11年12月、2度目を発症してしまった。しかも、トイレも風呂も1人では入れないなど重い症状が出て、右半身マヒなどの後遺症が残った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る