2度の脳梗塞克服しステージ 西城秀樹の支えは「3人の子供」

公開日: 更新日:

 今週月曜の13日に還暦を迎え、還暦記念アルバム「心響―KODOU―」をリリース。アルバム発売は8年半ぶりで、新曲「蜃気楼」など15曲が収録されている。

 同日に開催されたバースデーライブには、“新ご三家”の仲間だった野口五郎や歌手・今陽子らが駆けつけた。集まったファンには「ヒデキ、感激~!」をもじった「ヒデキ、カンレキィ~!」と書かれた「バーモントカレー」がお土産に配られるなど、大いに盛り上がった。歌手仲間の間でも、ファンの間でも、脳梗塞の後遺症と闘いながら歌手活動を続け、還暦を迎えたヒデキを応援する輪が広がっているのだ。

 ヒデキが脳梗塞を発症したのは2度。1度目は03年6月で、ディナーショーのために訪れた韓国・済州島で発症した。ディナーショー後に帰国し入院。まだ48歳だった。

 軽い言語障害の後遺症は残ったものの見事に復帰。栄養バランスを考えた食事をとり、1日3箱吸っていたたばこをやめ、酒も控えるように。ところが、11年12月、2度目を発症してしまった。しかも、トイレも風呂も1人では入れないなど重い症状が出て、右半身マヒなどの後遺症が残った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る