両目にメス…西城秀樹の「網膜症」原因は生活習慣にあり?

公開日:  更新日:

 2度の脳梗塞を克服して芸能活動を再開した歌手の西城秀樹(58)が、右目は網膜症、左目は白内障で、両目の手術を受けたという。
 所属事務所は「手術のことは、把握していません」としているものの、今後のスケジュールに支障はないというから、ひとまず安心。

 確かに白内障はまぶしくなったり、目がかすんだりする症状が特徴で、深刻な病気ではない。ヒデキくらいのトシなら7割は発症するありふれた病気だ。
 だが、網膜症の治療で受けたとされる硝子体手術は、病状が重い人が受けるもの。ちょっと心配になってくる。

 吉祥寺森岡眼科院長の森岡清史氏が「あくまでも一般論」としてこう言う。
「網膜症は、像を結ぶ網膜の血流が障害されることで、視力が低下する病気です。血流障害による虚血状態で、毛細血管が腫れたり、血管から血液成分が染み出たりする。これが第1ステージで、血流障害の悪化で毛細血管が詰まるのが第2ステージ。そして体が虚血状態を補おうと、新しい血管をつくろうとするのが第3ステージです。このステージになると、最悪の場合、網膜剥離で、失明する恐れがある。それを食い止めるために行うのが硝子体手術なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る