• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

両目にメス…西城秀樹の「網膜症」原因は生活習慣にあり?

 2度の脳梗塞を克服して芸能活動を再開した歌手の西城秀樹(58)が、右目は網膜症、左目は白内障で、両目の手術を受けたという。
 所属事務所は「手術のことは、把握していません」としているものの、今後のスケジュールに支障はないというから、ひとまず安心。

 確かに白内障はまぶしくなったり、目がかすんだりする症状が特徴で、深刻な病気ではない。ヒデキくらいのトシなら7割は発症するありふれた病気だ。
 だが、網膜症の治療で受けたとされる硝子体手術は、病状が重い人が受けるもの。ちょっと心配になってくる。

 吉祥寺森岡眼科院長の森岡清史氏が「あくまでも一般論」としてこう言う。
「網膜症は、像を結ぶ網膜の血流が障害されることで、視力が低下する病気です。血流障害による虚血状態で、毛細血管が腫れたり、血管から血液成分が染み出たりする。これが第1ステージで、血流障害の悪化で毛細血管が詰まるのが第2ステージ。そして体が虚血状態を補おうと、新しい血管をつくろうとするのが第3ステージです。このステージになると、最悪の場合、網膜剥離で、失明する恐れがある。それを食い止めるために行うのが硝子体手術なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  8. 8

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

もっと見る