上田桃子は不倫報道の“雑音”消せず 「プロの自覚不足」の声も

公開日:  更新日:

【Tポイントレディス】(佐賀・若木GC=6304ヤード・パー72)

 飯島茜(31)が全美貞(32)との6ホールにもおよぶ、2時間近いプレーオフを制して4年半ぶりに6勝目を挙げた。これで今季ツアー開幕戦から続いた外国人プロ優勝にようやくストップがかかった。

 それにしても、ふがいなかったのが上田桃子(28)だ。単独首位でホールアウトした全に、1打差で迎えた最終18番パー5は3打目をピン1.5メートルの絶好の位置につけた。バーディーは楽勝と思われたが、カップに触りもせずに右を通過。プレーオフに進出できなかった。

 試合後、「今週の収穫は、自分らしさを忘れなかったこと」とコメントした。まるでワイドショーを賑わせた野球解説者との不倫騒動に惑わされず、疑惑を払拭するプレーができたと言わんばかりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る