上田桃子は不倫報道の“雑音”消せず 「プロの自覚不足」の声も

公開日: 更新日:

【Tポイントレディス】(佐賀・若木GC=6304ヤード・パー72)

 飯島茜(31)が全美貞(32)との6ホールにもおよぶ、2時間近いプレーオフを制して4年半ぶりに6勝目を挙げた。これで今季ツアー開幕戦から続いた外国人プロ優勝にようやくストップがかかった。

 それにしても、ふがいなかったのが上田桃子(28)だ。単独首位でホールアウトした全に、1打差で迎えた最終18番パー5は3打目をピン1.5メートルの絶好の位置につけた。バーディーは楽勝と思われたが、カップに触りもせずに右を通過。プレーオフに進出できなかった。

 試合後、「今週の収穫は、自分らしさを忘れなかったこと」とコメントした。まるでワイドショーを賑わせた野球解説者との不倫騒動に惑わされず、疑惑を払拭するプレーができたと言わんばかりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る