• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

歌謡界きっての“左党”あべ静江さん 酒の失敗は生涯2度だけ

 デビュー時のキャッチフレーズは「フリージアの香り」。清純派アイドルの王道を突っ走り、20代は映画やドラマのマドンナ役に引っ張りだこだった、あべ静江さん(63)。言わずと知れた酒豪でもある。

 私ね、どんなに飲んでも、二日酔いしたことって数えるぐらいしか記憶にないんです。肝臓が強いのか、分解酵素が多いのか……。きっと両方なんでしょうね。

 父はバンドマン、母は歌手だったので、音楽関係者が年中、出入りして酒盛りしている家庭でした。それで、物心ついた時からお酒は身近な存在で、当時としては珍しく、自宅にはウイスキーに交じって、常にワインがありました。

 大きい声じゃ言えませんが、小さいころ、内緒で赤玉ポートワインを1本空けちゃったことがあったの。そしたら翌日、じんましんが出て、かゆくてかゆくて。でも、おうような時代でしたし、家訓に「女性がお酒で失敗するのはもっともみっともない。失敗する前に、家で自分の酒量を知っておくべき」というのがあり、ぜんぜん怒られなかったですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る