歌謡界きっての“左党”あべ静江さん 酒の失敗は生涯2度だけ

公開日:  更新日:

 デビュー時のキャッチフレーズは「フリージアの香り」。清純派アイドルの王道を突っ走り、20代は映画やドラマのマドンナ役に引っ張りだこだった、あべ静江さん(63)。言わずと知れた酒豪でもある。

 私ね、どんなに飲んでも、二日酔いしたことって数えるぐらいしか記憶にないんです。肝臓が強いのか、分解酵素が多いのか……。きっと両方なんでしょうね。

 父はバンドマン、母は歌手だったので、音楽関係者が年中、出入りして酒盛りしている家庭でした。それで、物心ついた時からお酒は身近な存在で、当時としては珍しく、自宅にはウイスキーに交じって、常にワインがありました。

 大きい声じゃ言えませんが、小さいころ、内緒で赤玉ポートワインを1本空けちゃったことがあったの。そしたら翌日、じんましんが出て、かゆくてかゆくて。でも、おうような時代でしたし、家訓に「女性がお酒で失敗するのはもっともみっともない。失敗する前に、家で自分の酒量を知っておくべき」というのがあり、ぜんぜん怒られなかったですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る