俳優・大出俊さんが語る「酒好きのおごり」に気づかされた日

公開日:  更新日:

 NHK大河ドラマに過去9作出演し、「必殺仕業人」「荒野の素浪人」「逃亡者おりん」といったテレビ時代劇を中心に、舞台でも活躍中の大出俊さん(74)。酒好きで知られ、徹夜もしばしば。そんな大出さんの転機になった酒は……。

 学生時代から大酒飲みでしたよ。小田急線町田駅の近くに住んでたんだけど、新宿で飲んでは終電で帰るって生活を4年間、繰り返してた。そのおかげで、かなり酒が強くなったんです。

 大学卒業後は日野自動車で営業マンを約2年やりました。担当は乗用車の「コンテッサ」と積載量1トンほどの小型トラック「ブリスカ」で、酒の力を借りて売り上げを上げたこともよくあった。

 ある日、それまで何回か営業に通ってた会社に行ったら、ちょうど宴会が始まったところ。

「おー、来たか、兄ちゃん。まあ、話は飲んでからにしようや」。こう社長に言われ、ポンと目の前に出されたのはビールグラスになみなみとつがれた日本酒。それを駆け付け3杯飲んだのはいいんだけど、肝心の“話”になんて、なりゃしない。そのまま宴会に付き合わされ、翌朝、目が覚めたら社長の自宅。飲みつぶれて、泊めてもらったんですよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る