遠藤憲一とダブル主演 若手俳優・菅田将暉ってどんな役者?

公開日:  更新日:

 人気絶頂の脇役・遠藤憲一(53)が久々に連ドラで主演を張るというので話題になっている。注目のドラマは7月から始まる「民王」(テレビ朝日系)。

 原作は「半沢直樹」をヒットさせた作家の池井戸潤氏だというから、高視聴率は約束されたようなものだが、リリースをよく見ると「ダブル主演」となっている。実力派エンケンとガップリ四つで組むのは菅田将暉(22)という若手俳優。失礼ながら、あまり聞いたことないけど、どんな役者なのか。

 プロフィルを見ると09年「仮面ライダーW」で主演したほか、数々の映画で「高崎映画祭最優秀助演男優賞」「日本映画批評家大賞助演男優賞」などを受賞している。

「お茶の間では、朝ドラ『ごちそうさん』で杏、東出昌大夫婦の長男・泰介を演じた俳優といえばピンと来る人も多いでしょう。甲子園を目指して野球に没頭するが、夢を果たせず、出征した若者役です。正直、飛び切りのイケメンというわけではありませんが、身長176センチ、中学・高校とアメフトをやっていたというから、遠藤さんに“当たり負け”しない演技に期待です」(ドラマ関係者)

「民王」で遠藤が演じるのは現職総理大臣。菅田はその息子という設定だが、ある日突然、2人が入れ替わってしまう。そこから始まるドタバタ劇、今から注目だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る