「オールナイトニッポン」宣伝攻勢…狙いはシニア掘り起こし

公開日:  更新日:

 このところ、ニッポン放送の「オールナイトニッポン」が宣伝攻勢をかけている。

 5月1日にはシンガー・ソングライターの浜田省吾(62)を35年ぶりにパーソナリティーに起用したり、続く8日には「木綿のハンカチーフ」の作詞で知られる松本隆氏(65)をゲストに招き、15日には歌手の広瀬香美(49)をパーソナリティーにしてロサンゼルスから初の生放送を実施した。

 極め付きは6月13日に行われる「70年代同窓会」(横浜情報文化センター)だ。シンガー・ソングライターのイルカやパーソナリティーのつボイノリオ、斉藤安弘アナら、かつてオールナイトニッポンで活躍した人たちをゲストに迎え、公開トークショーを行う。

 それにしても、今なぜ「オールナイトニッポン」なのか。ある関係者はこう言う。

「ラジオ復帰組の掘り起こしでしょう。かつて深夜放送に酔いしれたシニア層は、家庭からラジオ受信機が消えたことで、一時ラジオから離れてしまった。ところが最近は『ラジコ』などの登場でPCやスマホでもラジオが聞けるようになり、続々と戻っているのです。この人たちを囲い込むべく同局最大のブランド『オールナイトニッポン』で攻勢をかけているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る