「オールナイトニッポン」宣伝攻勢…狙いはシニア掘り起こし

公開日:  更新日:

 このところ、ニッポン放送の「オールナイトニッポン」が宣伝攻勢をかけている。

 5月1日にはシンガー・ソングライターの浜田省吾(62)を35年ぶりにパーソナリティーに起用したり、続く8日には「木綿のハンカチーフ」の作詞で知られる松本隆氏(65)をゲストに招き、15日には歌手の広瀬香美(49)をパーソナリティーにしてロサンゼルスから初の生放送を実施した。

 極め付きは6月13日に行われる「70年代同窓会」(横浜情報文化センター)だ。シンガー・ソングライターのイルカやパーソナリティーのつボイノリオ、斉藤安弘アナら、かつてオールナイトニッポンで活躍した人たちをゲストに迎え、公開トークショーを行う。

 それにしても、今なぜ「オールナイトニッポン」なのか。ある関係者はこう言う。

「ラジオ復帰組の掘り起こしでしょう。かつて深夜放送に酔いしれたシニア層は、家庭からラジオ受信機が消えたことで、一時ラジオから離れてしまった。ところが最近は『ラジコ』などの登場でPCやスマホでもラジオが聞けるようになり、続々と戻っているのです。この人たちを囲い込むべく同局最大のブランド『オールナイトニッポン』で攻勢をかけているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る