• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

村西とおる監督が語る 英会話学校経営からエロ世界への転身

「ウソだろ」と笑われそうですが、70年代の私は教育産業に従事してました。北海道で百科事典を販売してたんです。オックスフォード大の卒業者も読めないような英語の難しい事典ですが、1週間に20セット売ったこともあります。

 当時の北海道は札幌五輪(72年)の影響で国際感覚が広まり、英語をしゃべりたいという人が増えていました。そこで英会話学校を思いついたのです。さっそく札幌の石山通りに教室を借り、73年に米国人の講師を集めて開講しました。月謝は3000円で生徒数は約500人。8割が若い女性でした。年商1500万円以上で、私は年収500万円だから楽しく暮らせました。

 そのころ米俳優チャールズ・ブロンソンが大人気で、女性の目に白人講師はブロンソンに見えたようです。講師は米軍の脱走兵や大工、農夫などでまともに大学を出たヤツなんかいない。それでも女性生徒は色目を使い、講師とセックスするんです。講師を取り合って取っ組み合いしたり、妊娠させられて親が怒鳴り込んできたこともあった。これでは英語を勉強しにきているのかセックスしにきているのか分かりません。一方、講師もやり放題で、調べたら生徒10人に手を出した男もいました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る