佐藤蛾次郎「松田優作は俺をちゃかす客に『殴ってくる』と」

公開日:  更新日:

 アフロヘアにドジョウヒゲがトレードマークの個性派俳優、佐藤蛾次郎さん。渥美清の名シリーズ「男はつらいよ」では柴又・題経寺の寺男、源吉を好演し、12日が最終回の連続ドラマ「天皇の料理番」(TBS系)にも出演して話題だ。俳優業を離れると、東京・銀座でカラオケパブ「蛾次ママ」を経営。大の酒好きでもある。

 ふと気が付いたのはトイレの中だった。それも新幹線。飲み過ぎてついつい寝込んじゃって。通路に出たらいつもと様子が違うんだよね。乗客がだーれもいなくてさ。ホント、ひとりもいないんだよ。

 それでオレはTシャツ一枚にジーンズ。座っていた席の網棚に置いといたバッグやコートはないし、最初は悪い夢でも見てるのかと思ったよ。

 気が付けば、運ばれたのが東京駅から西へ80キロほど離れた、神奈川県小田原市にある国鉄(当時)の新幹線鴨宮保守基地。そこに着いて、どうしたらいいんだろってウロウロしてたら職員が来て、ソイツも目を丸くして驚いてる。いるはずがない乗客がいたんだからね。幽霊でも現れたと思ったんじゃないの?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る