“ダサい”と酷評の制服 ドン小西が「都にも問題がある」と指摘

公開日: 更新日:

 発表されるや否や、「ダサい」の大合唱を浴びた東京都観光ボランティアの制服。ファッションデザイナーのドン小西(64)が1日、自身のブログで「東京都にも問題がある」と指摘し、デザイナーを擁護した。

 問題の制服は、2020年の東京オリンピックに向け、海外からの旅行者に外国語で観光案内等を行う「街なか観光案内」のボランティアスタッフのユニフォームとして制作されたもの。5月29日に東京都庁で行われた舛添要一知事(66)の定例記者会見で初お披露目されたが、ネット上では<史上まれに見るダサさ><垢抜けてなさすぎ><役人のセンスなんてこんなもん>と酷評の嵐だった。

 デザインを担当したファッションデザイナー・藤江珠希氏のスタイリストから、助けを求める手紙を受け取ったというドン小西。今回の件がマスコミで取り上げられて注目を浴びたことで、藤江氏は「仕事に支障を及ぼすほどの誹謗中傷」を受けているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  3. 3

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る