“ダサい”と酷評の制服 ドン小西が「都にも問題がある」と指摘

公開日:  更新日:

 発表されるや否や、「ダサい」の大合唱を浴びた東京都観光ボランティアの制服。ファッションデザイナーのドン小西(64)が1日、自身のブログで「東京都にも問題がある」と指摘し、デザイナーを擁護した。

 問題の制服は、2020年の東京オリンピックに向け、海外からの旅行者に外国語で観光案内等を行う「街なか観光案内」のボランティアスタッフのユニフォームとして制作されたもの。5月29日に東京都庁で行われた舛添要一知事(66)の定例記者会見で初お披露目されたが、ネット上では<史上まれに見るダサさ><垢抜けてなさすぎ><役人のセンスなんてこんなもん>と酷評の嵐だった。

 デザインを担当したファッションデザイナー・藤江珠希氏のスタイリストから、助けを求める手紙を受け取ったというドン小西。今回の件がマスコミで取り上げられて注目を浴びたことで、藤江氏は「仕事に支障を及ぼすほどの誹謗中傷」を受けているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る