「やっていない」と連絡も 田代まさし“盗撮”書類送検のウラ

公開日:  更新日:

「マーク・トウェインという作家の『アダムはリンゴをほしくて食べたのではなく、禁じられていたから食べたのです』って言葉を見たとき、ああ、なるほどなと思った」

 今年4月、日刊ゲンダイ本紙の取材にこう話していたのは田代まさし(58)。これは覚醒剤への誘惑について語ったものだったが、盗撮も同じだったのだろうか。

 今月6日に東急電鉄二子玉川駅のホームで女性のスカート内を盗撮したとして、警視庁が東京都迷惑防止条例違反容疑で書類送検する方針を固めたというニュースが駆け巡った。「盗撮を認めた」という報道がある一方、「マーシーの薬物リハビリ日記」の著者で漫画家の北村ヂン氏はツイッターで「田代さんから、やっていないとの連絡はもらえたので、もう信じるしかないよね」と盗撮疑惑を否定。改めて北村氏に聞くと、こう話した。

「任意で取り調べを受けているのは聞きましたが、周囲の方からの話で被害届も出ておらず、逮捕というのはガセだと分かりました。あとは信じるしかない。メールはときどき返ってきます。ダルクにはマスコミが大挙してしまって、行けていないみたいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る