「やっていない」と連絡も 田代まさし“盗撮”書類送検のウラ

公開日: 更新日:

「マーク・トウェインという作家の『アダムはリンゴをほしくて食べたのではなく、禁じられていたから食べたのです』って言葉を見たとき、ああ、なるほどなと思った」

 今年4月、日刊ゲンダイ本紙の取材にこう話していたのは田代まさし(58)。これは覚醒剤への誘惑について語ったものだったが、盗撮も同じだったのだろうか。

 今月6日に東急電鉄二子玉川駅のホームで女性のスカート内を盗撮したとして、警視庁が東京都迷惑防止条例違反容疑で書類送検する方針を固めたというニュースが駆け巡った。「盗撮を認めた」という報道がある一方、「マーシーの薬物リハビリ日記」の著者で漫画家の北村ヂン氏はツイッターで「田代さんから、やっていないとの連絡はもらえたので、もう信じるしかないよね」と盗撮疑惑を否定。改めて北村氏に聞くと、こう話した。

「任意で取り調べを受けているのは聞きましたが、周囲の方からの話で被害届も出ておらず、逮捕というのはガセだと分かりました。あとは信じるしかない。メールはときどき返ってきます。ダルクにはマスコミが大挙してしまって、行けていないみたいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    アフターコロナは「年金は今すぐ受け取るべき」が新常識に

  10. 9

    なぜ嫌中・嫌韓の人たちは他国を貶めることに注力するのか

  11. 10

    元サッカー日本代表・大野俊三さん 第2の人生は波乱万丈

もっと見る