「やっていない」と連絡も 田代まさし“盗撮”書類送検のウラ

公開日:  更新日:

「マーク・トウェインという作家の『アダムはリンゴをほしくて食べたのではなく、禁じられていたから食べたのです』って言葉を見たとき、ああ、なるほどなと思った」

 今年4月、日刊ゲンダイ本紙の取材にこう話していたのは田代まさし(58)。これは覚醒剤への誘惑について語ったものだったが、盗撮も同じだったのだろうか。

 今月6日に東急電鉄二子玉川駅のホームで女性のスカート内を盗撮したとして、警視庁が東京都迷惑防止条例違反容疑で書類送検する方針を固めたというニュースが駆け巡った。「盗撮を認めた」という報道がある一方、「マーシーの薬物リハビリ日記」の著者で漫画家の北村ヂン氏はツイッターで「田代さんから、やっていないとの連絡はもらえたので、もう信じるしかないよね」と盗撮疑惑を否定。改めて北村氏に聞くと、こう話した。

「任意で取り調べを受けているのは聞きましたが、周囲の方からの話で被害届も出ておらず、逮捕というのはガセだと分かりました。あとは信じるしかない。メールはときどき返ってきます。ダルクにはマスコミが大挙してしまって、行けていないみたいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る