日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

宝塚出身プロボウラーの大谷茂子さんは尼崎でスナック経営

 60年代末から70年代初めにかけ、爆発的なボウリングブームに日本中が沸いた。テレビのボウリング中継では中山律子、須田開代子などが人気タレント以上に注目されたものだ。本日登場の大谷茂子さん(75)は加茂すみれの名前で宝塚歌劇団で活躍し、美人プロボウラーとして一世を風靡。姉が元宝塚女優の加茂さくら(78)であることも話題になった。今どうしているのか。

 兵庫県尼崎市。阪急塚口駅北口から5分ほど歩くと、「喫茶 加茂さくらの店 スナック 大谷茂子の店 路」なる看板が見えてきた。

「今は夜のスナックだけの営業なのよ。姉は近所にある自分の家で、10人ほどの生徒さんがいる声楽教室をやってるわ」

 店は約20坪。カウンター8席にボックス席が25席。入り口左にカラオケ用のミニステージがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事