• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“平成のキャンディーズ”河田純子さんはOLをへてサロン経営

 ソニー、フジテレビ、集英社が主催した「平成のキャンディーズを選ぶ」オーディションに合格し、89年、歌手デビューした河田純子さん(40歳)。秋田から上京してきた純朴な雰囲気がファン心をくすぐった。今どうしているのか。

 会ったのは東京・銀座にあるマンションの一室。ここで“美と癒やしと健康のトータルサロン”「サロン・ド・エンジェル・エンジェル」を開いている。

「銀座に来たのは1年半前。銀座はエネルギーの流れがいいので、サロンを持ちたいなあと思ってたんです。それまでは文京区の護国寺でやっていました。基本、ワタシ1人、女性専用です」

 つまり、河田さんのプライベートサロンなのだ。

「痩身やフェーシャルだけじゃなくて、心理カウンセリングにも力を入れてます。心と体の2つの軸から美しくなって幸せになろう、というのがワタシの考えなんです。子供の頃から心理、カウンセリングにすごい興味を持ってましてね。20歳で芸能界を退いた後、20代は情報雑誌で見つけた渋谷の会社で事務職のOLをしながら、週末にスクールに通ったりしてカウンセリングを学んでいました。で、30歳でOLをやめ、リフレクソロジー(足裏マッサージ)やアーユルヴェーダっていうインドの伝承医学、漢方とかの勉強を始めたの。アイドル時代、ダイエットとリバウンドを繰り返した万年ダイエッターだったので、体のことにも興味があったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る