野田秀樹が絶賛 生粋の舞台人・手塚とおる“狂気の演技”

公開日: 更新日:

 2013年の大ヒットドラマ「半沢直樹」の悪役ぶりで一気にブレークした感のある俳優・手塚とおる(53)。不気味な役をやらせたら天下一品で、これまでも「華麗なるスパイ」(09年)で爆弾テロリスト、「ゴッドハンド輝」(09年)の悪徳医師、「マジすか学園」(10年)では女生徒を盗撮する教師、「荒川アンダー ザ ブリッジ」(11年)では白線にこだわる謎のオヤジと、クセのありすぎる役を演じてきた。

「半沢」以降は立て続けにドラマに出演し続け、14年には「戦力外捜査官」「ルーズヴェルト・ゲーム」「HERO」など6作品に。今年に入ると「太鼓持ちの達人」でついに主役に抜擢される。その他にも「天使のナイフ」「初森ベマーズ」「ヤメゴク」「ドS刑事」「ど根性ガエル」「リスクの神様」……と10作品に出演しているほか、9月スタートのNHKドラマ10「デザイナーベイビー」にも出演が決まっている。ドラマだけではなく、プロミスのCMでは「こういうのどこにでもいるでしょ」と嫌みを言うプロデューサー役も演じた。まさに超売れっ子だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった