野田秀樹が絶賛 生粋の舞台人・手塚とおる“狂気の演技”

公開日:  更新日:

 2013年の大ヒットドラマ「半沢直樹」の悪役ぶりで一気にブレークした感のある俳優・手塚とおる(53)。不気味な役をやらせたら天下一品で、これまでも「華麗なるスパイ」(09年)で爆弾テロリスト、「ゴッドハンド輝」(09年)の悪徳医師、「マジすか学園」(10年)では女生徒を盗撮する教師、「荒川アンダー ザ ブリッジ」(11年)では白線にこだわる謎のオヤジと、クセのありすぎる役を演じてきた。

「半沢」以降は立て続けにドラマに出演し続け、14年には「戦力外捜査官」「ルーズヴェルト・ゲーム」「HERO」など6作品に。今年に入ると「太鼓持ちの達人」でついに主役に抜擢される。その他にも「天使のナイフ」「初森ベマーズ」「ヤメゴク」「ドS刑事」「ど根性ガエル」「リスクの神様」……と10作品に出演しているほか、9月スタートのNHKドラマ10「デザイナーベイビー」にも出演が決まっている。ドラマだけではなく、プロミスのCMでは「こういうのどこにでもいるでしょ」と嫌みを言うプロデューサー役も演じた。まさに超売れっ子だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る