• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イヤミ課長でブレーク中 木下ほうかは「吉本新喜劇」出身

「痛快TVスカッとジャパン」(フジテレビ系)でのイヤミな馬場課長役でブレーク中。部下にネチネチとイヤミを言いまくり、決めゼリフの「はい、論破!」で部下を打ちのめすキャラが人気で、番組にイヤミ課長宛てでファンレターが届くほどだという。

 ポッと出の新人ではない。1981年のデビュー以来、これまで250本を超えるドラマや映画に出演し、今年に入ってからも地上波連続ドラマ「流星ワゴン」「戦う!書店ガール」や、BS連続ドラマ「煙霞」(WOWOW)、「一路」(NHKBSプレミアム)に出演するなど、引っ張りだこのバイプレーヤーなのである。

 知名度を上げたのは昨年のフジテレビ系ドラマ「昼顔」で、不倫妻役の吉瀬美智子を粘着質にいじめまくる夫を演じ、「気持ち悪い!」とお茶の間に嫌われまくり、演技力の高さを知らしめた。

 64年、大阪府生まれ。高校生の時に役者を志し、新聞広告で見た井筒和幸監督の「ガキ帝国」のオーディションを受け合格。大阪芸術大学で舞台芸術を学び、卒業後は吉本興業の新人タレントオーディションに受かって吉本新喜劇入りする。「“名脇役”と称される役者たちは共通してアドリブに定評があるが、木下の場合、それを吉本新喜劇で学んだ。何しろ、当時の新喜劇は台本を渡された日に本読み1回、立ち稽古1回で本番です。主役の間寛平が開演時間に来なくて、即興で主役なしの舞台を演じたこともあったといいます。それで臨機応変さとアドリブ力がついたと語っています」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

もっと見る