イヤミ課長でブレーク中 木下ほうかは「吉本新喜劇」出身

公開日: 更新日:

「痛快TVスカッとジャパン」(フジテレビ系)でのイヤミな馬場課長役でブレーク中。部下にネチネチとイヤミを言いまくり、決めゼリフの「はい、論破!」で部下を打ちのめすキャラが人気で、番組にイヤミ課長宛てでファンレターが届くほどだという。

 ポッと出の新人ではない。1981年のデビュー以来、これまで250本を超えるドラマや映画に出演し、今年に入ってからも地上波連続ドラマ「流星ワゴン」「戦う!書店ガール」や、BS連続ドラマ「煙霞」(WOWOW)、「一路」(NHKBSプレミアム)に出演するなど、引っ張りだこのバイプレーヤーなのである。

 知名度を上げたのは昨年のフジテレビ系ドラマ「昼顔」で、不倫妻役の吉瀬美智子を粘着質にいじめまくる夫を演じ、「気持ち悪い!」とお茶の間に嫌われまくり、演技力の高さを知らしめた。

 64年、大阪府生まれ。高校生の時に役者を志し、新聞広告で見た井筒和幸監督の「ガキ帝国」のオーディションを受け合格。大阪芸術大学で舞台芸術を学び、卒業後は吉本興業の新人タレントオーディションに受かって吉本新喜劇入りする。「“名脇役”と称される役者たちは共通してアドリブに定評があるが、木下の場合、それを吉本新喜劇で学んだ。何しろ、当時の新喜劇は台本を渡された日に本読み1回、立ち稽古1回で本番です。主役の間寛平が開演時間に来なくて、即興で主役なしの舞台を演じたこともあったといいます。それで臨機応変さとアドリブ力がついたと語っています」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る