三遊亭遊史郎さんが述懐 夫公認で人妻と同棲した二つ目時代

公開日: 更新日:

 それで、一回一回の額こそ安くても、お金が貯まったんですよ。

 ところが、二つ目ともなると、カバン持ちをしなくていい代わりに、前座の仕事も激減。師匠と一緒でなければ、飲食どころかお小遣いも頂けません。自分で食いぶちを見つけたり、つくったりしなくちゃなんないわけです。途端にピーピーし始めました。

 そんな時、私が主催する落語会に来て下さった年上の女性とねんごろになりましてね。「あなたの才能を磨くために、私と一緒に暮らしましょう」と迫られ、ついついソノ気になって同棲を始めたんです。

 借りたのは板橋区内の2DKマンション。見えを張りまして、家賃9万5000円は私が払い、そのほかの生活費を彼女が払うという暮らしが始まりました。

 一緒に住むといろんなことが分かってきます。実は彼女、静岡でローカル劇団を主宰していて、劇団の借金を返すために上京。水商売をしていたんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る