刑事ドラマの常連 平山浩行の転機は「事務所移籍」と「改名」

公開日: 更新日:

 29日公開の映画「S─最後の警官─奪還」にも出演するほか、この数年の刑事ドラマに出ずっぱりなのが平山浩行(37)。出世作の「臨場 続章」を皮切りに、「ジョーカー 許されざる捜査官」「悪党」「都市伝説の女」などでさまざまなタイプの刑事役を好演。

 最近は、石原さとみ松下奈緒ダブル主演の「ディア・シスター」や斎藤工主演の「医師たちの恋愛事情」など演技の幅を広げているだけでなく、そのイケメンぶりで女性ファンを増やしている。

 そんなイケメン脇役の認知度が高まったのは7年前。今でも続く菅野美穂の夫役を演じるチオビタのCMがスタートした時には、「あれは誰?」と話題になった。身長185センチで、股下が85センチもあるうえ、顔は竹野内豊似なのだから、それも当然か。

 中学時代から俳優に憧れ、役者になるために高校卒業後に岐阜県から上京。しかし、養成所や劇団に所属せず、東京・西麻布や名古屋でバーテンをしながらチャンスを待ち続けた。そして2003年、ドラマ「高原へいらっしゃい」のオーディションに合格し、25歳で平山広行として俳優デビュー。大手芸能事務所に所属してNHK朝ドラや月9ドラマにも出演したが、俳優だけでは食っていけず、バーテンのバイトをしながらの芸能生活だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る