刑事ドラマの常連 平山浩行の転機は「事務所移籍」と「改名」

公開日:  更新日:

 29日公開の映画「S─最後の警官─奪還」にも出演するほか、この数年の刑事ドラマに出ずっぱりなのが平山浩行(37)。出世作の「臨場 続章」を皮切りに、「ジョーカー 許されざる捜査官」「悪党」「都市伝説の女」などでさまざまなタイプの刑事役を好演。

 最近は、石原さとみ&松下奈緒ダブル主演の「ディア・シスター」や斎藤工主演の「医師たちの恋愛事情」など演技の幅を広げているだけでなく、そのイケメンぶりで女性ファンを増やしている。

 そんなイケメン脇役の認知度が高まったのは7年前。今でも続く菅野美穂の夫役を演じるチオビタのCMがスタートした時には、「あれは誰?」と話題になった。身長185センチで、股下が85センチもあるうえ、顔は竹野内豊似なのだから、それも当然か。

 中学時代から俳優に憧れ、役者になるために高校卒業後に岐阜県から上京。しかし、養成所や劇団に所属せず、東京・西麻布や名古屋でバーテンをしながらチャンスを待ち続けた。そして2003年、ドラマ「高原へいらっしゃい」のオーディションに合格し、25歳で平山広行として俳優デビュー。大手芸能事務所に所属してNHK朝ドラや月9ドラマにも出演したが、俳優だけでは食っていけず、バーテンのバイトをしながらの芸能生活だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  7. 7

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  8. 8

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  9. 9

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  10. 10

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

もっと見る