公開包茎手術、脱ぎ癖も…安田顕は“破天荒”エピソード満載

公開日: 更新日:

 このところ話題の映画に出演し続ける名脇役・安田顕(41)。今年だけでも「アゲイン 28年目の甲子園」「龍三と七人の子分たち」「新宿スワン」「ビリギャル」で印象に残る役柄を演じ、9月公開の園子温監督の「みんな!エスパーだよ!」でもクセのある大学教授役を快演している。テレビドラマにも引っ張りだこで、昨年から「チーム・バチスタ」「隠蔽捜査」「アオイホノオ」「問題のあるレストラン」と立て続けに出演し、休む間もなさそうな売れっ子脇役なのだ。

「最近では、映画でもドラマでも、キャスティングの段階で必ずといっていいくらい安田の名前が挙がる。極道でもゲイの役でも、どんな役でも自分の“色”を失うことなく演じ、しかも何かやらかしてくれそうな雰囲気が、人気の秘密のようです」(映画関係者)

 確かにこれまでも、いろんなことをやらかしてきた。芸能活動を始めた当初、出演していた北海道テレビの伝説のバラエティー「水曜どうでしょう」時代には、四輪駆動車やポケバイで派手に転倒し車体が大破してもケガひとつしていなかったり、番組の企画で公開包茎手術に挑んだりで、ついた異名が「平成の怪物」「奇跡を呼ぶ男」。カメラが回っていようが女性がいようが、酒に酔うと脱ぐ癖があり「ヌーディスト安田」とも呼ばれる。とにかく、破天荒なエピソード満載なのだ。その結果“イケメンの演技派なのに性格は超三枚目”という評価が定着している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  3. 3

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  7. 7

    大鹿理財局長の「何をもって虚偽とするか」発言に唖然呆然

  8. 8

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  9. 9

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  10. 10

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

もっと見る