公開包茎手術、脱ぎ癖も…安田顕は“破天荒”エピソード満載

公開日:  更新日:

 このところ話題の映画に出演し続ける名脇役・安田顕(41)。今年だけでも「アゲイン 28年目の甲子園」「龍三と七人の子分たち」「新宿スワン」「ビリギャル」で印象に残る役柄を演じ、9月公開の園子温監督の「みんな!エスパーだよ!」でもクセのある大学教授役を快演している。テレビドラマにも引っ張りだこで、昨年から「チーム・バチスタ」「隠蔽捜査」「アオイホノオ」「問題のあるレストラン」と立て続けに出演し、休む間もなさそうな売れっ子脇役なのだ。

「最近では、映画でもドラマでも、キャスティングの段階で必ずといっていいくらい安田の名前が挙がる。極道でもゲイの役でも、どんな役でも自分の“色”を失うことなく演じ、しかも何かやらかしてくれそうな雰囲気が、人気の秘密のようです」(映画関係者)

 確かにこれまでも、いろんなことをやらかしてきた。芸能活動を始めた当初、出演していた北海道テレビの伝説のバラエティー「水曜どうでしょう」時代には、四輪駆動車やポケバイで派手に転倒し車体が大破してもケガひとつしていなかったり、番組の企画で公開包茎手術に挑んだりで、ついた異名が「平成の怪物」「奇跡を呼ぶ男」。カメラが回っていようが女性がいようが、酒に酔うと脱ぐ癖があり「ヌーディスト安田」とも呼ばれる。とにかく、破天荒なエピソード満載なのだ。その結果“イケメンの演技派なのに性格は超三枚目”という評価が定着している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る