• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

公開包茎手術、脱ぎ癖も…安田顕は“破天荒”エピソード満載

 このところ話題の映画に出演し続ける名脇役・安田顕(41)。今年だけでも「アゲイン 28年目の甲子園」「龍三と七人の子分たち」「新宿スワン」「ビリギャル」で印象に残る役柄を演じ、9月公開の園子温監督の「みんな!エスパーだよ!」でもクセのある大学教授役を快演している。テレビドラマにも引っ張りだこで、昨年から「チーム・バチスタ」「隠蔽捜査」「アオイホノオ」「問題のあるレストラン」と立て続けに出演し、休む間もなさそうな売れっ子脇役なのだ。

「最近では、映画でもドラマでも、キャスティングの段階で必ずといっていいくらい安田の名前が挙がる。極道でもゲイの役でも、どんな役でも自分の“色”を失うことなく演じ、しかも何かやらかしてくれそうな雰囲気が、人気の秘密のようです」(映画関係者)

 確かにこれまでも、いろんなことをやらかしてきた。芸能活動を始めた当初、出演していた北海道テレビの伝説のバラエティー「水曜どうでしょう」時代には、四輪駆動車やポケバイで派手に転倒し車体が大破してもケガひとつしていなかったり、番組の企画で公開包茎手術に挑んだりで、ついた異名が「平成の怪物」「奇跡を呼ぶ男」。カメラが回っていようが女性がいようが、酒に酔うと脱ぐ癖があり「ヌーディスト安田」とも呼ばれる。とにかく、破天荒なエピソード満載なのだ。その結果“イケメンの演技派なのに性格は超三枚目”という評価が定着している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る