公開包茎手術、脱ぎ癖も…安田顕は“破天荒”エピソード満載

公開日:  更新日:

 このところ話題の映画に出演し続ける名脇役・安田顕(41)。今年だけでも「アゲイン 28年目の甲子園」「龍三と七人の子分たち」「新宿スワン」「ビリギャル」で印象に残る役柄を演じ、9月公開の園子温監督の「みんな!エスパーだよ!」でもクセのある大学教授役を快演している。テレビドラマにも引っ張りだこで、昨年から「チーム・バチスタ」「隠蔽捜査」「アオイホノオ」「問題のあるレストラン」と立て続けに出演し、休む間もなさそうな売れっ子脇役なのだ。

「最近では、映画でもドラマでも、キャスティングの段階で必ずといっていいくらい安田の名前が挙がる。極道でもゲイの役でも、どんな役でも自分の“色”を失うことなく演じ、しかも何かやらかしてくれそうな雰囲気が、人気の秘密のようです」(映画関係者)

 確かにこれまでも、いろんなことをやらかしてきた。芸能活動を始めた当初、出演していた北海道テレビの伝説のバラエティー「水曜どうでしょう」時代には、四輪駆動車やポケバイで派手に転倒し車体が大破してもケガひとつしていなかったり、番組の企画で公開包茎手術に挑んだりで、ついた異名が「平成の怪物」「奇跡を呼ぶ男」。カメラが回っていようが女性がいようが、酒に酔うと脱ぐ癖があり「ヌーディスト安田」とも呼ばれる。とにかく、破天荒なエピソード満載なのだ。その結果“イケメンの演技派なのに性格は超三枚目”という評価が定着している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る