元駅伝選手から俳優へ 和田正人の背中を押した「ゆず」の名曲

公開日: 更新日:

 芸能生活12年目。NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」などの映像・舞台等に出演。2014年度文化庁芸術祭演劇部門新人賞を受賞した和田正人さんは学生時代、箱根駅伝に出場し、実業団を経て俳優の道を志した。デビューの足がかりは人気デュオ「ゆず」の名曲。さらに思わぬ出会いが……。

 あんなに驚いたのはたぶん、今までで一番だと思います。忘れもしません、昨年の2月1日でした。

 僕はNHK大阪放送局の生バラエティー「週末応援ナビ☆あほやねん!すきやねん!」にゲスト出演していたんです。そこで思い出の曲、ゆずの「またあえる日まで」について話していました。すると突然、観覧席から、「エー!?」という大きなどよめき。振り返ると、そこにゆずのお二人がいらっしゃったんです。

 何が起こっているのか、わからなかった。もちろん事前に何も聞いてないし、それどころか大阪に来られてることすら知りませんでした。サプライズなんて生やさしいものではなく、本当にビックリしましたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  4. 4

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  5. 5

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  6. 6

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  7. 7

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  8. 8

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る