松岡修造「日めくり」PRイベントで小6息子に“親バカ”全開

公開日:  更新日:

「お昼休みは『ほめくり修造』♪」と歌って登場したのはスポーツキャスターの松岡修造(48)。15日、かつて「笑っていいとも!」が放送されていた東京・新宿のスタジオアルタで日めくりカレンダー第2弾「ほめくり、修造!」(PHP研究所)の発売記念イベントを行った。

 すっかりおなじみとなった“客イジリ”と“マスコミイジリ”はこの日も健在。大勢集まった報道陣に「カメラ1台出すのに何万円かかるか、僕は知ってる。でも出したからには結果を出さないといけない、それは君たちの編集力にかかってるぞ!」と試合さながらの激励を飛ばし、修造ワールド全開だった。

 最近、ほめられてうれしかったことを聞かれると「妻に『頑張ったね』と言われたこと。でも、(妻は)まずカレンダーを見てない」と苦笑い。

 そんな妻とは対照的に、小6の息子は夏休みの宿題でカレンダー作りをしていたことを明かし、「息子にコレは絶対話すなって言われたの。だから話すよ。『まいにち!自分の名前』っていうカレンダー作ってたんです。親バカで言うけど、オレのよりいい。『ちょっと次にソレ、使わせてくれない?』と言っちゃった。『おならにいつもありがとう』と書いてあって、“おならはいつも嫌なものを出すけど、それは自分の体のためにやってるから感謝しないといけない”って……深いと思ったよね」と息子をベタボメ。

 今月6日に迎えた48歳の誕生日プレゼントには、家族から「まいにち、誕生日」をプレゼントされたそうで、「“家庭の中でも毎日ほめろ”って書いてあった。次は『まいにち!松岡家』とか、どう?」と、早くも第3弾のプランも飛び出していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る