結婚はまだ先か…揺れる鈴木京香の“心境”をある女優が代弁

公開日:  更新日:

 ドラマ共演をきっかけに恋に発展した鈴木京香と長谷川博己。交際期間は5年に及ぶ。先週発売の「女性セブン」が初めてのツーショットを撮った。交際が長いとメディアはなにかとアラを探す習性がある。この夏も同棲解消、破局説が流れたが、2人はバーで飲み、京香のマンションに一緒に帰ったというから、破局説を打ち消すには十分なものだった。

 これで、今や藤原紀香でお馴染みになった「交際は順調ですか」のお決まりの質問が飛ぶのは必定。「結婚」話も再浮上するだろうが、京香クラスの女優になると結婚はそう簡単ではない。余計なお世話で調べると、40代以上の女優でいまだに結婚歴のない人は少なくない。名前は羅列しないが、「あの人も、この人も」といる。ある女優からこんな話を聞いた。

「女優も生身の女。結婚を考えた時期もあれば、悩んだ相手もいました。仕事が乗っている時って恋もうまくいくもの。最終的に結婚と仕事をてんびんにかける。結婚を取れば、仕事をセーブしなければならない。恋なら仕事と両立できる。女優にとって恋は内面から発する美しさを引き出す大事なもの。継続する必要もある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る