結婚はまだ先か…揺れる鈴木京香の“心境”をある女優が代弁

公開日:  更新日:

 ドラマ共演をきっかけに恋に発展した鈴木京香と長谷川博己。交際期間は5年に及ぶ。先週発売の「女性セブン」が初めてのツーショットを撮った。交際が長いとメディアはなにかとアラを探す習性がある。この夏も同棲解消、破局説が流れたが、2人はバーで飲み、京香のマンションに一緒に帰ったというから、破局説を打ち消すには十分なものだった。

 これで、今や藤原紀香でお馴染みになった「交際は順調ですか」のお決まりの質問が飛ぶのは必定。「結婚」話も再浮上するだろうが、京香クラスの女優になると結婚はそう簡単ではない。余計なお世話で調べると、40代以上の女優でいまだに結婚歴のない人は少なくない。名前は羅列しないが、「あの人も、この人も」といる。ある女優からこんな話を聞いた。

「女優も生身の女。結婚を考えた時期もあれば、悩んだ相手もいました。仕事が乗っている時って恋もうまくいくもの。最終的に結婚と仕事をてんびんにかける。結婚を取れば、仕事をセーブしなければならない。恋なら仕事と両立できる。女優にとって恋は内面から発する美しさを引き出す大事なもの。継続する必要もある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る