絶滅寸前から視聴率も大健闘 TV「時代劇」復権の裏側

公開日:  更新日:

 最近、時代劇が多すぎるのはなぜか?

 大河のようなシリアスに史実を描くドラマではない。たとえばNHK“木曜時代劇”の枠は笑いもある活劇だ。これまでに面白いドラマも放送されている。今回の「ぼんくら2」は作りが軽すぎる。木曜時代劇は大河に比べて映像がセコいから、笑いがスベると“時代劇コント”に見えてしまうのだ。それでも宮部みゆき原作、つまり新しい作品だから、作る価値はある。

 日曜夜には「必殺仕事人2015」(テレビ朝日系)のスペシャルがあった。かつての藤田まことの大ヒットシリーズを東山紀之・松岡昌宏で07年から単発で放送(新たに、知念侑李が加わり、必殺の3人が全員ジャニーズ!)。あの、トランペットでの「パパパ~、パ、パ、パ、パ、パララ~」の不気味なBGMで悪いヤツを背後から刺し殺すシーンも完全に昔のまま! しかも細い刃物が内臓に刺さる様子をレントゲン写真のような絵で見せてくれる。「今どき、そんな時代劇アリかよ!」と思うが、視聴率は人気の「下町ロケット」の裏なのに10.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、ソコソコ取ったから驚きだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  7. 7

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る