絶滅寸前から視聴率も大健闘 TV「時代劇」復権の裏側

公開日:  更新日:

 最近、時代劇が多すぎるのはなぜか?

 大河のようなシリアスに史実を描くドラマではない。たとえばNHK“木曜時代劇”の枠は笑いもある活劇だ。これまでに面白いドラマも放送されている。今回の「ぼんくら2」は作りが軽すぎる。木曜時代劇は大河に比べて映像がセコいから、笑いがスベると“時代劇コント”に見えてしまうのだ。それでも宮部みゆき原作、つまり新しい作品だから、作る価値はある。

 日曜夜には「必殺仕事人2015」(テレビ朝日系)のスペシャルがあった。かつての藤田まことの大ヒットシリーズを東山紀之・松岡昌宏で07年から単発で放送(新たに、知念侑李が加わり、必殺の3人が全員ジャニーズ!)。あの、トランペットでの「パパパ~、パ、パ、パ、パ、パララ~」の不気味なBGMで悪いヤツを背後から刺し殺すシーンも完全に昔のまま! しかも細い刃物が内臓に刺さる様子をレントゲン写真のような絵で見せてくれる。「今どき、そんな時代劇アリかよ!」と思うが、視聴率は人気の「下町ロケット」の裏なのに10.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、ソコソコ取ったから驚きだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る