しょんぼり泉谷しげる “ギター投げ”封印宣言「やらない」

公開日:  更新日:

 珍しくしょんぼりした顔を見せたのは、7日に「日本のひなた宮崎県」プロモーション発表会に出席した、泉谷しげる(67)。

 宮崎の特産物であるキャビアを見ると「オレはキャビアが大嫌いなんだよ。“アリのうんこ”みたいで」と噛みつくも一口食べると「あ、うまい」と笑顔を見せて会場を沸かせていた。

 舌好調だった泉谷節も、「ギター投げ騒動」に関して聞かれると「申し訳ない」とあっさり“鎮火”。昨年6月、新潟県でのライブ中に投げた弦の切れたギターが女性客に当たって負傷し、約300万円の損害賠償を求められていた騒動について「和解しました」と頭を下げた。

「お客さんを喜ばせようとしたことで、パフォーマンスとしてはアリだと思うけど、ケガをさせちゃいけない。当たりどころが悪かった。もうやりません」と封印を宣言。スタッフが制止に入るも、「まあいいじゃねえか。どうせココしか(記事で)載せねえんだろ(笑い)」と最後は余裕の笑みを見せていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る