日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

しょんぼり泉谷しげる “ギター投げ”封印宣言「やらない」

 珍しくしょんぼりした顔を見せたのは、7日に「日本のひなた宮崎県」プロモーション発表会に出席した、泉谷しげる(67)。

 宮崎の特産物であるキャビアを見ると「オレはキャビアが大嫌いなんだよ。“アリのうんこ”みたいで」と噛みつくも一口食べると「あ、うまい」と笑顔を見せて会場を沸かせていた。

 舌好調だった泉谷節も、「ギター投げ騒動」に関して聞かれると「申し訳ない」とあっさり“鎮火”。昨年6月、新潟県でのライブ中に投げた弦の切れたギターが女性客に当たって負傷し、約300万円の損害賠償を求められていた騒動について「和解しました」と頭を下げた。

「お客さんを喜ばせようとしたことで、パフォーマンスとしてはアリだと思うけど、ケガをさせちゃいけない。当たりどころが悪かった。もうやりません」と封印を宣言。スタッフが制止に入るも、「まあいいじゃねえか。どうせココしか(記事で)載せねえんだろ(笑い)」と最後は余裕の笑みを見せていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事