ドラマ大惨敗…“写真”引きずる香里奈に「ドンマイ」の声

公開日:  更新日:

 香里奈(31)主演のTBS系ドラマ「結婚式の前日に」は15日に最終回を迎え、平均視聴率5.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)という無残な結果に終わった。初回7.7%を一度も上回ることなく、ほぼ毎回4~5%台をうろちょろ。全10話の平均視聴率も5%台半ばで落ち着きそうで、昨年流出した“ベッド写真”のイメージ払拭には至らなかった。

 もっとも、ドラマ自体は駄作と一刀両断するようなシロモノではなかった。結婚式を100日後に控え、脳腫瘍と診断された香里奈演じる花嫁とその母(原田美枝子)の絆を描いたヒューマンラブストーリー。超低空飛行だったとはいえ、一定層の視聴者の心には響いたようだ。コラムニストの桧山珠美氏が言う。

「後半の放送回では手抜き感のある演出やシーンも見受けられましたが、ストーリーの大きな破綻もなく“お涙頂戴”の定番に徹していたように感じます。ただ、病気を発症後も奇麗だった香里奈の様子ひとつとっても、周囲の大人たちが腫れ物に触るように練って手がけた感じがありありと見え、それが裏目に出てました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る