賞レースの行方も報じられず「レコ大」どうなっている?

公開日:  更新日:

 今年もTBS「日本レコード大賞」が30日に放送される。マンネリといわれながらも、この季節になると賞レースの行方は報じられるが、今年はめっきり少ないような気がする。一体、どうなっているのか。

 スポーツ紙の音楽担当記者がこう言う。

「今年で57回目。『輝く!日本レコード大賞』と称した記者発表が先ごろあり、大賞候補のAKB48、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE、西内まりやらが登壇しました。最優秀新人賞はlol、こぶしファクトリー、花岡なつみ、安田レイが争います。総合司会を安住紳一郎と仲間由紀恵が務めます。安住は『歌手のみなさんが一年を駆け抜けてきた情熱に負けない気持ちを持って、今年もマイクを握りたい』と語りましたが、例によって話題性がゼロだし、ノミネートされている歌手も歌も世のビジネスマン世代にはチンプンカンプン。世間ズレした感は否めませんね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る