賞レースの行方も報じられず「レコ大」どうなっている?

公開日:  更新日:

 今年もTBS「日本レコード大賞」が30日に放送される。マンネリといわれながらも、この季節になると賞レースの行方は報じられるが、今年はめっきり少ないような気がする。一体、どうなっているのか。

 スポーツ紙の音楽担当記者がこう言う。

「今年で57回目。『輝く!日本レコード大賞』と称した記者発表が先ごろあり、大賞候補のAKB48、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE、西内まりやらが登壇しました。最優秀新人賞はlol、こぶしファクトリー、花岡なつみ、安田レイが争います。総合司会を安住紳一郎と仲間由紀恵が務めます。安住は『歌手のみなさんが一年を駆け抜けてきた情熱に負けない気持ちを持って、今年もマイクを握りたい』と語りましたが、例によって話題性がゼロだし、ノミネートされている歌手も歌も世のビジネスマン世代にはチンプンカンプン。世間ズレした感は否めませんね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る