ヨコハマメリー(2006年 中村高寛監督)

公開日:  更新日:
「ヨコハマメリー」発売・販売:カルチュア・パブリッシャーズ(C)MORI HIDEO(提供写真)

老娼婦が浴びた横浜市民の嫌悪感

 その昔、横浜・伊勢佐木町に一人の娼婦が立っていた。フランス貴族を思わせる衣装を身にまとって顔をお化けのように真っ白に塗り、人々から「メリーさん」と呼ばれていた。風変わりな姿を目撃した読者も少なくないだろう。本作は関係者の証言でメリーの半生を追ったドキュメンタリーだ。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  7. 7

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  8. 8

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る